浴衣に合うバッグがない!普通のバッグでいい?手作りならこの方法!

 

浴衣姿で夏祭りや花火大会に出かけると
気分もウキウキに!
でも、せっかくの浴衣を台無しにしないために
バッグ選びにも気を使いましょう!
簡単に浴衣に合うバッグが手作りできるので
作り方も参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

 

浴衣に合うバッグがない!どうすればいい?

 

浴衣を着るときに持つバッグといえば
やっぱり和柄の巾着袋。

 

男性も、浴衣の時は巾着袋を提げている人が多いです。

 

しかし、女性は何かと荷物が多いですよね!

 

お化粧ポーチは必須だし、
夏はタオルハンカチも必須、

 

スマホにお財布にティッシュに・・・

 

なんていつものように持っていこうとすると
巾着袋では全然入らない。

 

そこでおすすめなのがかごバック。

かごバッグなら夏の普段使いバッグとしても
活躍してくれること間違いなしなので、
この機会にひとつ購入するのもおすすめです。

 

巾着タイプになっている内布付(巾着付)のものなら
人混みの中でも安心して持ち歩けます。

 

↑なら送料込みでも3千円以内です。

また、手作りでも良いですね。
手作りすれば、より色や柄を
浴衣に合わせられるので、コーディネートを楽しめます。

スポンサードリンク

 

後ほど簡単に作れる手作り浴衣バッグもご紹介します。

 

浴衣のときに普通のバッグでも大丈夫?変じゃない?

 

浴衣用のバッグを持っていない!

けど、わざわざ用意するのも・・・と思っていませんか?

 

だからと言って、浴衣に普通のポシェットやクラッチバッグ、
ヴィトンなどのブランドバッグもやっぱり変です。

 

浴衣に合ったバッグで、
あなたの浴衣姿をもっと素敵なものにしましょう!

 

浴衣バッグ、これなら簡単に手作りできる!

 

「あずま袋」はご存知ですか?

 

あずま袋は、風呂敷を折って2か所縫い合わせ
袋状にした、無駄がなく簡単にできるバッグとして
江戸時代にはすでに愛用されていました。

 

「あずま袋」にはあまり馴染みがないかもしれませんが、

市販されているお弁当袋には「あずま袋」
の形状のものが多くあります。

 

知らず知らずのうちに
もしかしたら「お弁当袋」として
あなたも、あずま袋を使用していたかもしれません。

 

和柄の布など、浴衣に合う長方形の布があれば

すぐに浴衣用バッグも簡単に手作りできます。

 

100円均一の手ぬぐいでも作れます。
端の処理がされている手ぬぐいなどを使用するのが
一番手軽に手作りできますよ!

 

雑貨屋さんでも
素敵な和柄の手ぬぐいが販売されているので

浴衣の色や柄に合わせて選んでみてください。

 

 

▶ あずま袋の作り方動画

 

 

 

さいごに

 

浴衣を着た時のバッグ選びを妥協すると、
「あ~、やっぱり
ちゃんとバッグを合わせるべきだったな~」
と、そこばかり気になってしまって
後悔ばかり・・・なんてことになってしまいます。

 

是非、浴衣に合うバッグでお出かけくださいね♪

 

スポンサードリンク

 

タグ :

年中行事 お祭り・花火 年中行事    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント