シートでふき取るメイク落とし後の洗顔は必要?クレンジングのタイプ

 

クレンジング

 

シートでふき取るタイプのメイク落としは
簡単にクレンジングができて、
その後の洗顔も必要ないようなイメージがありませんか?

実際はどうなのでしょう?
クレンジングのタイプ別の違いや
界面活性剤についてもご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

シートで拭き取るメイク落としは洗顔の必要ない?

 

拭き取るだけでメイクが落とせる
シートタイプのメイク落としは、
旅行や忙しいときに便利ですね!

 

しかも、メイク落としの後の洗顔は必要ないような、
そんなイメージがあります。

 

しかし!
そのままでは肌荒れの原因になってしまいます。

 

シートに含まれた洗浄剤でメイクを落とすわけですから
肌には洗浄剤が残っています。

 

洗浄剤の成分には界面活性剤が含まれています。

 

ですので、シートタイプのメイク落とし後も
もちろん洗顔が必要です。

 

 

クレンジングのタイプ別の違いとは?

 

クレンジング剤は、クリームタイプやオイル、
ジェルと種類が沢山ありすぎて、
自分に合ったものを探すのに苦労している女性は多いです。

 

クレンジング剤のタイプ別の特徴を把握しておきましょう!

 

 

▶ミルクタイプのクレンジング剤

 

水分が多いのが特徴です。
そのため、クレンジング力は弱めで
しっかりメイクには不向きです。

 

伸びやすく流しやすいので
肌への刺激も少なくて肌への刺激が抑えられます。

 

 

▶リキッドタイプのクレンジング剤

 

オイルフリーなので、オイルタイプ特有の洗い残し感がなく
濡れたてでも使えるものも多いです。

 

 

▶シートタイプのクレンジング剤

 

手軽にメイクを落とせ便利なクレンジング剤ですが、
肌をこするので敏感肌には刺激が強く、
敏感肌ではなくても毎日の使用は避けたいクレンジングです。

 

 

▶ジェルタイプのクレンジング剤

 

透明なジェルタイプのクレンジングは
オイルフリーで、乳白色の物はオイルタイプです。

スポンサードリンク

 

ジェルタイプは適度な厚みを持たせて肌に乗せて
使用するので肌への刺激が弱いですが、
クレンジング力は高めです。

 

オイルタイプはよりクレンジング力が期待できます。

オイルフリータイプは界面活性剤を
多く含む場合があります。

 

 

▶クリームタイプのクレンジング剤

 

油分が多く保湿力もあり、水分とのバランスも良く
乾燥肌に向いているクレンジング剤で、刺激も少ないです。

 

油分が多いので、クレンジング後のヌルヌル感がある場合も。

 

 

▶オイルタイプ

 

クレンジング力に優れているクレンジング剤です。
そのため、しっかりメイクのときにはおすすめです。

 

しかし、余分な油まで落としたり、油分を落とすための
界面活性剤が多く含まれているものもあります。

 

 

クレンジングの界面活性剤が肌の刺激に!?

 

クレンジングは美肌のための基本中の基本ですね!

 

いくら良い化粧品を使用しても、
クレンジングでメイクや汚れがきれいに落ちていないと
せっかくの有効成分も浸透していきません。

 

しかし、クレンジング剤に配合されている
界面活性剤が肌を刺激してしまうことあるので、
クレンジング選びの際は気にしてみてくださいね!

 

界面活性剤で刺激が強いのが

 

硫酸ナトリウム系、○○クロリド(カチオン活性剤)
○○ペタイン

 

です。

 

成分を確認してみて、こういった界面活性剤が
使用されているクレンジングは、避けた方がよさそうです。

 

○○グリセリル、○○ソルビタン、
○○グルコシド、ボリソルベート○○、
これらはよく配合されている界面活性剤ですが
比較的刺激が少ないと言われています。

 

上記の成分に、「イソステアリン酸」がつくと
刺激が増す傾向にあります。

 

さいごに

 

クレンジングひとつでも、お肌は全然変わってきます。

 

クレンジング後のスキンケアも大切ですが、

しっかり汚れを落としつつ、

かつ、肌に必要な油分はちゃんと残せる、

そして保湿成分配合のクレンジング剤がおすすめです!

 

スポンサードリンク

 

タグ :

美容    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント