子供の日の由来と意味とは何?食べ物は?プレゼントどうする?

 

子供の日 鯉のぼり

5月5日は子供の日ですね。

男の子の端午の節句でもありますが、
子供の日とはどんな日なのか、由来や意味を知っていると、
より有意義な一日を過ごすことができそうですね。

今回は、子供の日について書いていきますね。

スポンサードリンク

 

 

子供の日の由来、意味とは?

 

子供の日は、1948年に

子供の人格を重んじて子供の幸福をはかるとともに、母に感謝する

ことを趣旨として国民の祝日に制定されました。

 

また子供の日は、男の子の成長を祝い健康をお祈りする端午の節句の日です。
旧暦では十二支の牛の月が5月にあたり、

その牛の月の最初の丑の日を節句として祝っていたそうですが、

鎌倉時代(武士の時代)のころに

「菖蒲しょうぶ」が「尚武しょうぶ」(強くて勇ましい)

と同じ読みである、
「菖蒲の葉の形が剣を連想させ、勇ましい」ことなどから、

端午の節句は男の子の成長を祝い健康を祈る日となったそうです。

 

鎧兜や刀、五月人形や武者人形、金太郎などを室内の飾り段に飾りますが、
子供に災いがふりかからないよう、

無事にたくましく成長しますようにと願いを込めて飾ります。

 

こいのぼりは関東の風習として江戸時代頃から広まったようですが、
最近は「屋根より高いこいのぼり」はあまり見られなくなりましたね。

 

こいのぼりは立派に成長して出世しますように意味が込められています。

 

しかし、子供の日が「母に感謝する日でもある」ということを、

子供には忘れないでほしいな~なんて思います。

 

 

子供の日に食べる食べ物とは何?

 

子供の日と言ったら柏餅!
4月に入ったころから和菓子屋さんに行くと、
白みそあん、こしあん、つぶあん、よもぎ入りなどの柏餅が並んでいます。

 

柏(かしわ)の葉は新しい葉が出るまでは古い葉が落ちないことから、
子孫繁栄の意味があるのです。

スポンサードリンク

 

縁起の良いお菓子なので、

5月5日は家族みんなで柏餅をいただきましょう!

 

ちまきを食べる風習もありますが、

柏餅は日本特有の子供の日の(端午の節句の)食べ物の一方、
ちまきは中国から伝わったものです。

 

ちまきには「難を避ける」「危険から身を守る」意味があり、

無病息災を願って食べられるようになりました。

 

どちらも欠かせない「子供の日の食べ物」ですね。

 

 

子供の日に何かプレゼントを買う?

 

子供の日はなにか買い与えたり、プレゼントを用意したりしていますか?

 

子供の日だからどこかに連れてって~

なんてねだられたりすることもあるかと思います。
(「母に感謝する日でもある」ということを、

子供には忘れないでほしいですよね^^)

 

初節句であれば、盛大に両家揃ってのお祝いをしますが、

それ以外では特別プレゼントなどを用意する家庭はあまりないようです。

 

子供への特別なプレゼントは誕生日プレゼントとクリスマスプレゼントだけ。
という家庭は多いようですよ。

 

我が家では子供が男の子なので、子供の日には

おじいちゃん、おばあちゃんから何か好きなものを買ってあげて、

とお祝い金をいただきます。

 

しかし、だからと言って子供に何か購入するということはあまりしていなくて、

貯金してあげています。

 

 

まとめ

 

5月5日は子供の幸せを願う日、

そして男の子の成長を祝い健康をお祈りする端午の節句。
さらに「母に感謝する日」でもあります。

 

また、子供の日は子孫繁栄を願って「柏餅」を、

無病息災を願って「ちまき」を食べましょう。
子供の日だからと言って、

何かプレゼントを買い与える家庭は少ないです。

しっかりと子供の日の意味、端午の節句の意味を知り、

感謝しながら過ごしましょう!

スポンサードリンク

 

タグ :

年中行事 子供の日    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント