愛隣館の料理の口コミは?部屋食とかまどダイニングのメニューはどう?

 

愛隣館

 

花巻温泉でとても人気の愛隣館に一泊してきました!

予約の際に部屋食とかまどダイニングとで
迷うかたも多いのでは?

 

迷ったら参考にしていただきたい
愛隣館の料理の口コミや部屋食、
かまどダイニングのメニューなどについて
体験談とともにご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

花巻温泉愛隣館の料理の口コミはどう?

 

愛隣館の夕食はお部屋でゆっくりと食べられる
和膳スタイルとハーフバイキングスタイルの
かまどダイニングのプランがあり、
予約時の宿泊プランでどちらか選択できます。

 

今回我が家は2歳児連れというのもあり、
部屋食で予約しました。

 

そして、岩手県といったら前沢牛!ということで、
前沢牛のしゃぶしゃぶ付のプランがあったので
こちらを予約しました。

 

しかし、これがちょっと失敗・・・

用意された御膳に
豚しゃぶと前沢牛のしゃぶしゃぶが並んでしまうことに!

 

愛隣館 食事

ピンクのお肉がプラチナポークで

左に少し移っている赤いお肉が前沢牛です。

 

事前に豚しゃぶがあることが分かっていれば
前沢牛のしゃぶしゃぶはいらなかった~
もしくは、ステーキにするべきでした!

 

今回、特に下調べせず予約してしまいましたが、
愛隣館のホームページにしっかり
メニュー表示がありました。

 

何か別注する際は、しっかりとメニューを確認した後で
決めることをおすすめします。

 

しかも、前沢牛のしゃぶしゃぶ、
今回特に楽しみにしていたのですが、
なんと豚しゃぶの方が断然おいしかった~!!!

 

なんでも、花巻市で育てられているブランド豚で
プラチナポーク(白金豚)という品種とのこと。
とても柔らかく脂身がさっぱりしているのに
旨みがあっておいしい!

 

こちらを追加で注文したかった~というくらい
美味しくいただきました。

 

あとでHPをチェックしたら、
プラチナポーク(白金豚)の豚しゃぶも
別注できるようです。
(宿泊3日前までの予約が必要)

 

愛隣館 食事

ホタテのいちご煮。ホタテが結構大きい!

 

 

また、ホタテのいちご煮があとから出された時は
夫が喜んでいました。

 

いちご煮とは、ウニとアワビをだし汁で煮た
青森の郷土料理の代表として有名ですが、

 

岩手県でもウニとあわびが獲れる
三陸地方ならでわの特産品となっています。

 

ウニが野苺の様に見えることから
いちご煮と呼ばれるようになりました。

 

愛隣館ではホタテとのいちご煮で
わかめやふのりも入って磯の香たっぷりの
いちご煮でした。

 

愛隣館 食事

 

 

お刺身盛り合わせには珍しい
鱈(タラ)のお刺身が!

 

食べたことがなく、貴重な体験!
これもまた美味しくいただきました。

 

食事が5時半から、と早い時間だったという事で
あまりお腹がすいていないのもあり、
お料理は多すぎて食べきれませんでした。

 

2歳の子供は茶わん蒸しや刺身盛りのカニ爪、
目鯛の陶板焼きなどをシェアして食べましたよ!

 

かまどダイニングについてはこのあとご紹介します。

スポンサードリンク

 

 

愛隣館の部屋食で前沢牛も追加注文したけど・・・

 

今回は、我が家はじっとしていない2歳児連れ
ということで、
まわりの方に迷惑をかけることがないように、
自分たちも少しはゆっくり食べられるようにと
部屋食にし、

 

前沢牛を是非食べたい!ということで
しゃぶしゃぶ付の宿泊プランにしました。

 

しかし、5時半からという早目の時間で、
あまりお腹がすいていなく失敗!

 

追加注文の前沢牛のしゃぶしゃぶが、
プラチナポーク(白金豚)とかぶって失敗!

 

という事に・・・

 

夕食の時間は、4時のチェックイン時に案内され、
もう少し遅めを希望しましたが

 

夜の8時半からイベントがありますから
5時半くらいがちょうど良いかと思います。
とのことで
それでは5時半で、とお願いしました。

 

もう少し遅い方が良いと伝えた際に
少々困ったような表情でしたので、
愛隣館さん側の都合もあったかと思います。

 

我が家が宿泊した花かんむり5階では、
みなさんその時間帯のお部屋食のようでした。

 

しゃぶしゃぶがかぶってしまったのは、
事前リサーチを全くしなかったのが悔やまれます(笑)

 

愛隣館のHPで部屋食のメニューが公開されているので
しっかりチェックしてプランを選ぶことをおすすめします!

 

我が家もチェックしていたら
前沢牛しゃぶしゃぶプランにはしなかったかな?と思います。

 

それにプラチナポークがすごくおいしいので、
前沢牛は別の機会に別で食べるのが良いかと思います。

 

それから、お昼は軽めに!

夕食をより美味しくいただくために

お腹を空かせておきましょう。

 

 

愛隣館のかまどダイニングメニューはどんな感じ?

 

愛隣館さんに次回泊まる際は、
絶対かまどダイニングプランが良いです!

 

というのも、かまどダイニングプランは
ハーフバイキングスタイルで

 

御膳料理で出される先付、お造り、鍋、香の物、水菓子のほか、
天ぷらやビーフシチューなどのかまど料理、
(お部屋食では噂のビーフシチューが別注です!)
いか焼きやミニハンバーグなどの石窯料理、
プリンなどがバイキング形式で食べられるからです!

 

口コミでも、天ぷらは常に揚げたて!
白金豚の炭火焼なども焼きたてで美味しい!
と好評です。

 

かまどダイニングのメニューも公開されているので
チェックしておきましょう!

 

⇒ かまどダイニングのメニューはこちら

 

 

さいごに

 

愛隣館の部屋食の食前酒で出された
「山のきぶどう酒」もすごくおいしいです!

 

4階の売店で購入できるので、
お土産にもおすすめですよ。

 

我が家では山のきぶどう酒は「岩手のお土産」
の定番のひとつです!

 

女性に喜ばれます。

 

それから、夕食の際のドリンクについて、

チェックイン時に注文を聞かれますが、

部屋で夕食時に注文しようとすると

「お時間いただくことになると思いますが・・・」

と言われました。

 

実際はそれほど待たずに持ってきてもらえましたが、

繁忙期はチェックイン時に

ある程度注文しておいた方が良さそうでした。

スポンサードリンク

 

タグ :

観光・旅行 国内 観光・旅行    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント