香典を複数人で包む場合の金額と書き方&記帳方法と渡し方

 

御霊前

 

会社関係や地域、友人同士など、
複数人でお香典を包む場合も多くありますが
金額や書き方で頭を悩ますことも多いです。

 

そんな時はスムーズな方法を知っていると
喪家側に対して、また、
受付に対しても配慮することができます。

 

今回は香典を複数人で包む場合の
金額や書き方、記帳方法についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

香典を複数人で包む場合の金額は?

 

連名での香典は会社関係のお付き合いで
多く見られます。

 

しかし、香典の金額が1人3千円以上の場合は、
それぞれが個々で香典を包むのが一般的なマナーです。

 

そしてそれほど親しくない間柄の
一般的な香典の相場は3千円~ですから、
必然的に個人がそれぞれで香典を包むのが良い、
ということになります。

 

 

個別で香典を包むことは
喪家側に対しての配慮にもなります。

 

とは言え、先ほども書きましたが
会社関係のお付き合いでは連名の香典もあります。

 

 

複数人の連名での香典の金額は前述の理由から
2千円以下ということになります

 

 

○○株式会社□□課一同、という場合などは
人数が多くなったり、
キリの良い金額でなない場合もあります。

 

複数での香典では端数は気にすることはないですが
四や九といった金額は避けた方がよいです。

 

 

香典を複数人で包む場合の書き方

 

複数人での連名の香典は

 

「表書きはどうしたら良い?」

 

「人数が多い場合はそれぞれの氏名や住所は
どの様に書けばよい?」

 

などなど疑問が出てきますね。

 

 

連名の香典の場合は、表書きは
「○○株式会社有志一同」

「○○株式会社○○課一同」、

 

または

「代表者氏名+他一同」などとします。

スポンサーリンク

 

 

そして別紙に全員の名前と住所を記入し香典袋に入れます。

この場合、名前は五十音順に記入するとスマートです。

 

 

3名までの連盟では表書きに3名全員の氏名を書いても良いです。
その場合は中袋(または香典袋の裏)に代表者の住所を記入し
包んだ金額を記入します。

 

もちろん、表書きにグループ名を記載し、
別紙にそれぞれの氏名、住所を記入し入れても良いです。

 

また、連名での香典は葬家側ではお返しに困るものです。

 

連名の香典は香典返しをしないのが一般的でしたが、

最近はそれぞれにお返しを考えることが多いようです。

 

 

葬家側の負担が多くなることが考えられるので

葬家側で香典返しに悩まれることがないように
香典返しを遠慮する旨の記載を香典袋の余白や
内袋に記載するのもひとつです。

 

その場合は

 

「誠に勝手ながらお返し等のご配慮は
遠慮させていただきたくお願い申し上げます」

 

「香典のお返し等はご無用に願います」

 

と書き添えると良いです。

 

 

香典を複数人で包んだ場合の記帳方法

 

一般的には芳名帳には参列した人が参列者本人の
氏名、住所を記入します。

 

しかし、

複数人の代表として参列する場合は

 

「○○株式会社一同○○課有志一同
 代表 一二三 五郎」

 

と、グループ名を書き、
小さく代表者名を添えるとわかりやすいです。

 

 

芳名帳のほかに香典帳がありますが
香典の記帳は香典張に受付係や会計係が記帳、
または後日に葬家側で記帳します。

 

スポンサーリンク

 

さいごに

 

会社関係のお付き合いでは、
会社で取り決めがある場合もあります。

 

そういった場合は1人3千円以上でも、
「○○株式会社一同」で包むこともありますし、
地域でも違いはありますが、
今回は連名での香典の一般的な包み方を

ご紹介させていただきました。

 

 

 

タグ :

年中行事 冠婚葬祭    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント