五月病とは?原因と期間や食事で予防できるお話!

ゴールデンウィーク明けあたりから、だるさや倦怠感、めまいや頭痛などの不調が続いたらもしかして五月病かも!?

今回はそんな五月病について原因や時期などのほか、月病の予防について効果がある食べ物などもご紹介しています。

スポンサーリンク

五月病とは?原因を知れば対策できる!

五月病とはゴールデン明け頃に感じる焦りや不安感、疲労感、食欲不振や無気力状態に陥ったりすることの総称です。

医学的には適応障害やうつ病と診断されます。原因は、新しい環境に適応できずに抱えるストレス。

4月の入学や就職といった新しい環境で頑張るぞ!!というやる気とは裏腹に、現実はなかなかうまくいかなかったり、新しい環境にうまく順応できずにストレスを溜め込んでしまいます。

そして、ストレスを抱えたまま五月の連休に入り、ストレスから解放されると緊張の糸が切れてしまって、体や精神の不調が現れます。

大人だけではなく、幼稚園児や小学生の子供でもこういった症状が現れることがあります。

新しい環境に慣れるまでは、子供も大人もストレスをうまく発散することで五月病対策になります。

五月病が予防できる、ストレスに強い体作りのための食事についてもこの記事で書いていきますので参考にしてみてくださいね。

五月病の期間はいつからいつまで?

五月病はゴールデンウィーク明け頃に症状を自覚しますが、いつからいつまで続くかは、人それぞれ。

ゴールデンウィーク明け、一週間くらいで気付けば症状が治まっていた。という場合もありますし、ズルズルと症状が長引く場合もあります。

五月病は食事で予防できるって本当?

五月病はストレスからくるものなので、五月病対策にはストレスを貯めないことが一番の予防と対策です。

嘘でも毎日笑顔で過ごす、

家族や友人に相談する、

カラオケやスポーツなどでストレスを発散する

などしてストレスを吐き出しましょう。そして、五月病は食事でも予防できるのです。

ストレスを感じると、身体をストレスから守ろうと様々な栄養素が消耗されます。そのため、バランスの良い食事を摂取していると、五月病の原因となるストレスに強い身体づくりができるのです。

スポンサーリンク

五月病予防におすすめの食材と食事

ビタミンB1を多く含む食材・・・うなぎ、豚肉、玄米など

糖質がエネルギーに変わるのに必要な栄養素不足すると糖が分解できずに疲労物質がたまるため疲れやすくなるうなぎ、豚ヒレかつや豚肉のしょうが焼き、豚角煮など豚肉を使ったメニューを積極的に食べましょう。玄米も積極的に食べたいですね。

ビタミンCを多く含む食材・・・果物。野菜

抗ストレス作用がある副腎皮質ホルモンの合成を促進するほか、美容と健康にはかかせない栄養素です。

赤ピーマンと黄ピーマンの炒め物、ゴーヤチャンプルーなど野菜の炒め物やケールの青汁、アセロラジュースなどドリンクからも手軽に摂取できます。

カルシウムを多く含む食材・・・乳製品、小魚、小松菜、切り干し大根不足すると神経過敏な状態となりイライラの原因ともなります。小松菜のおひたしや切り干し大根の煮物、サラダ、しらす干しなど副菜として毎食一品用意できれば理想的です。牛乳やチーズももちろんおすすめ。

マグネシウムを多く含む食材・・・納豆、油揚げ、ひじき、お豆腐などカルシウムを効率よく摂取するために必要な栄養素です。お豆腐と油揚げのお味噌汁なら手軽にマグネシウムを摂取できます。ひじき煮、ひじきサラダもいいですね。

その他にも、リラックス効果がある飲み物も良いですよ!

カモミールなどのハーブティーはもちろん、コーヒーにもリラックス効果があるのでおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

五月病は新しい環境の変化によるストレスが原因となって起こる心身の不調で、ゴールデン明け頃から一週間くらいの期間で症状が現れますが、ズルズルと長引くこともあります。

五月病は食事によってストレスに強い体作りをすることで予防できるので、日ごろの食生活に取り入れてみてくださいね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする