赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで?原因と対策は何?

泣く赤ちゃん

ただでさえ赤ちゃんのお世話で大変な時に夜泣きが始まってしまうと、赤ちゃん本人も疲れますが、パパやママは精神的にも体力的にもかなり辛いものです。夜泣きの時期、原因や対策を知っておくだけでも、気持ち的にゆとりができますので、目を通してみてくださいね。

スポンサーリンク

赤ちゃんの夜泣きはいつから始まる?いつまで続くの?

生活リズムも整っていない時期で、まだ夜間の授乳が必要な時期ですので、
新生児の時期はそれこそ2、3三時間おきに泣くのは当たり前です。

一般的に赤ちゃんの夜泣きとは、新生児の時期が過ぎた生後5か月か6か月ころから、授乳やおむつ替えなどの原因がないとき夜に泣くことを指します。

また、夜泣きの期間は様々です。大体の赤ちゃんが1か月~3か月間くらいで収まることが多いですが、中には半年以上、1年以上続く赤ちゃんもいます。

赤ちゃんの夜泣きの原因は何?

赤ちゃんの夜泣きの原因はまだはっきりと解明されていないようですが、一番の原因は、眠りの質にあると言われています。

赤ちゃんの眠りにも大人のようにレム睡眠(浅い眠り)ノンレム睡眠(深い眠り)がありますが、大人に比べてこのサイクルが短く、さらに眠りが浅いために夜寝ている間も何度か目が覚めてしまうのです。

さらに、眠るのがヘタな赤ちゃんや、睡眠中に情報整理をしている赤ちゃんにとっては
昼間の刺激が強すぎると眠りの妨げとなって泣き出してしまうこともあります。

また、寝かしつけの方法も夜泣きの原因として関係があるようです。

例えば、添い乳で寝かしつけていると、赤ちゃんがふと目覚めたときに、寝るときに口に含んでいたはずのおっぱいがない!と、泣いて騒ぎ出したり、ママが抱っこしてトントンと寝かしつけていると、抱っこしてくれていたはずのママがいない!何で一人なの?と泣いて騒ぎ出すのです。

その他、

・昼間にお出かけしたり、

・初対面の人に会ったり、
・お昼寝をしすぎたり、

・逆に昼間にあまり活動しなかったり、

・あまり昼寝をしなかったり、
・または暑さ寒さが原因だったり

・喉が渇いている、お腹がすいている

と、赤ちゃんの夜泣きにはいろいろと原因があるのです。

わが子の場合でいうと、『夜泣きと夜泣きの授乳』がセットで習慣となってしまっていた。
という感じです。

夜泣きが習慣となっていたのです。寝かしつけも添い乳でしたが、寝かしつけではわたしが一緒だったのに、寝かしつけが終わると、わたしがベッドから居なくなったのも

原因だったようです。そして寝かしつけてからきっかり2時間後に起きる、といった日が、数か月続きました。

よく、授乳は赤ちゃんいとっての精神安定剤と言われますが、まさにそんな感じで、安心するためにおっぱいを飲んでいる様子でした。

また、寝てから「2時間後に起きる」というのが、これまた息子の習慣となってしまっていたように思います。

そして1歳8か月の時に断乳するまで夜中も2、3時間ごとに起きるのでその度に添い乳で授乳していました。

起きればおっぱいが飲める。というのを息子は学習しているので、お腹は一杯なはず、と授乳しないでいようものならぎゃん泣きです。

ただ、夏は単純に喉が渇いている、ということもあるようです。

麦茶やお水を飲ませたら、すぐに夜泣きが落ち着いた、という日もありました。

それから、夕方になるとグズリがはじまる時期もありました。お外に行くとご機嫌になったので夕方もお散歩に出かけていましたが、その際に疲れすぎた日は夜泣きがなかなか収まらない傾向にありました。

赤ちゃんの夜泣きに効果的な対策は・・・?

赤ちゃんがどんな時に夜泣きするのか原因がわかっていれば、それをしないように気を付けることが一番の夜泣き対策です。

スポンサーリンク

とはいえ、それがはっきりと分からないのが辛いところですよね。赤ちゃんによって千差万別ですし、夜泣きはこれをすれば収まる、といった対策はないからこそわたし達親が大変な思いをするわけですが。

そんな中でも、お昼寝時間が長いと夜泣きが酷い、日中の遊びで疲れすぎると夜泣きが激しい、など、赤ちゃんの傾向を把握しておくことが大切です。

我が家で言えば、夕方のお散歩であまり疲れさせない。お昼寝は短すぎてもダメ。起きたらさっさと授乳しないとぎゃん泣きといった感じです。

また、ママ自身が割り切ることも効果的な対策のひとつです。

割り切って、赤ちゃんは泣くもの。そのうち自然に無くなるのだから今だけ我慢!と覚悟してしまえば、イライラや焦る気持ちやが薄れ心にゆとりを持って対応できるようになります。

ゆったりとした気持ちでぎゅうっと抱きしめるだけで、もしかしたら夜泣きは徐々に収まってくるかもしれません。

実は、「夜泣き」というのは、日本特有の表現のようで、海外では昼でも夜でも赤ちゃんは泣くもの。という認識なのだとか。

夜は寝るもの、夜泣いたら近所迷惑になってしまう。という感情が私たちを余計に焦らせて、イライラさせてしまうのですよね。

でも、毎日のことだと、さすがに気持ちにゆとりを持つなど難しいですから、買い物を手伝ってもらったり、休日はゆっくり寝させてもらったり、そこは旦那さんの協力は不可欠です。

我が家ではしばらく食材はネットで注文できる宅配システムを利用してましたし、夕食は宅食を利用していました。

買い物の心配もなく、夕食も作らなくて良いので、息子と一緒にお昼寝したり、自分の時間を持つこともでき、わたしの精神衛生上かなり効果的でした。

生協の宅配「コープデリ」・「おうちコープ」

また、よく言われるのが、断乳したら夜泣きが収まる。ということです。これはまさに私が息子が1歳8か月で断乳したときに実感したことです。

断乳後もちょこちょこと起きることがあっても、隣でわたしがトントンとしてあげればまたすぐに寝てくれるようになりました。

その他には、ハリや漢方でも対策できるようですが、ハリはすぐには効かないですし、漢方は飲ませるのが大変ということがあります。

▶ 赤ちゃんがどんな時に夜泣きをするか、どんな時に夜泣きが酷くなるのかを把握する。
(1日の行動と睡眠の記録を一定期間日記に書いておくといいです。)

▶赤ちゃんは夜も泣くもの、いつかは自然と無くなる。と割り切る、覚悟する

▶家事を手抜きして日中に睡眠や自分の時間を作ってまずは自分の気持ちにゆとりが出るように心がける

▶母乳の場合、時期や赤ちゃんの様子をみながら断乳してみる

こういったことをしてみてはいかがでしょう。

それから、もし授乳中でコーヒーや緑茶やウーロン茶などカフェインを日常的に飲んでいる場合、母乳を通したカフェインの影響も考えられます。

そういった場合はカフェインレスの飲み物をおすすめします。

スポンサーリンク

まとめ

夜泣きでどんなに辛くても、こんな時があったな~と本当に懐かしく思える日が必ず来ます。

どこかで、ママのストレスを発散して、家事を手抜きしてでも、できる限り睡眠時間を確保して乗り切ってくださいね。

ママが穏やかでいることが実は一番効果的な対策かもしれません。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする