暑中見舞いと残暑見舞いの違いは何?両方出すの?お中元も?

夏のご挨拶の仕方について慣れないと失礼がないようにしなければ!と不安なものです。

暑中見舞いと残暑見舞いの違いやお中元との関係などしっかりと頭に入れて準備しましょう!

目上の方への出し方等もご紹介します。

スポンサーリンク

暑中見舞いと残暑見舞いの違いは?

暑中見舞いも残暑見舞いもどちらも同じ猛暑の時期に相手を気遣い、また近況を知らせる夏季の挨拶状です。

では違いは何かといいますと、それぞれ出す時期が違います。

暑中見舞いは一般的に梅雨が明けた夏の土用の時期で立秋までの期間、残暑見舞いは暑中見舞いの期間より後に送ります。残暑見舞いはいつまで出すか?ですが、8月いっぱいまでに出します。

今年2015年の立秋は8月8日(土)です。暑中見舞いは8月8日以前に届くように、残暑見舞いは8月8日以降、8月末までに送りましょう。

ちなみに、「残暑」は暦の上では秋なのに「秋になっても残っている暑さ」ということで使います。

暑中見舞いと残暑見舞いは両方出すもの?

一般的には暑中見舞いを出せば残暑見舞いは出さないことが多いです。

しかし、暑中見舞いを出せば残暑見舞いは出さないもの、とか、暑中見舞いと残暑見舞いは両方出さなければいけない、などといた決まりはありません。

スポンサーリンク

また、どちらかしか出さないから失礼にあたることも、両方出すと失礼にあたる、といったこともありません。

暑中見舞い、残暑見舞いのどちらかで挨拶をしていれば2重の挨拶は必要ない、という考え方もあります。

目上の方へは暑中御伺い、残暑御伺いとします。

暑中見舞いと残暑見舞いは両方出すもの?

お中元は6月下旬から7月15日ごろまでが一般的です。

ただし関西では1か月遅れで8月初旬から15日ごろまでと、地域によっても違いがあります。

お中元の時期を過ぎた7月15日以降(または8月15日以降)は暑中御伺いや暑中見舞いでのご挨拶となります。

お中元を贈る必要のある方に贈るのを忘れてしまった!

という場合は表書きを「暑中お見舞い」「残暑お見舞い」とすれば大丈夫です。

お中元を贈った方には送り状、添え状にて暑中御伺いの季節のご挨拶をしていますから改めて暑中見舞いや残暑見舞いを出さなくても良いでしょう。

親しい方へはお中元の品を送った事を電話で伝えることもあるかもしれません。

この場合も改めて暑中見舞いや残暑見舞いを出さなくても電話でご挨拶しているので改めてはがきで出す必要はありません。

さいごに

「暑中お見舞い申し上げます」、一般的に使われるこの挨拶ですが、目上の方には「暑中御伺い申し上げます」と挨拶するのが本来のマナーです。

しっかり使い分けられれば「出来る人」の印象となりますね!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする