熱中症の原因と予防に最適な服装、気温30度以上のとき気を付けること

熱中症予防・木陰

子供は熱中症にかかりやすいです。

気温がそんなに高くなくても熱中症には注意しなければいけません。

今回は、どんな時に気をつければよいの?
熱中症にかからない様に気を付けることは?

など予防法、熱中症にかかりやすいときはどんな時か、また服装などについてです。

スポンサーリンク

熱中症の原因は?かかりやすいのはどんな時?

熱中症は気温がそれほど高くなくてもかかります。

特に小さな子供は、体温調節機能が未熟だったり、喉が渇いたり、体調が悪くてもうまく伝えることができないこともあり、熱中症を発症した場合に、重症になりがちです。

熱中症原因は、室内、室外問わず高温の場所で汗をかいた際の脱水症状が主な原因となります。

また、気温がそれほど高くなくても湿度が高いときは要注意です。

例えば気温が20度くらいで汗をかかなくても湿度が高いときは体に水分がこもりがちとなり体温調節機能が低下します。こういった場合も熱中症にかかりやすくなります。

また、長時間の抱っこやおんぶで、ずっと体が密着していると密着した面は高温となり、密着しているので汗も逃げず熱がこもってしまいます。

そのような状況で、良く寝ていると勘違いし子供の体調の変化に気付かないでいると気付いたときは「ぐったり」ということもあります。

子供の体調不良はもちろん、寝不足にも注意してください。

夜も暑い日が続いたりすると、寝苦しくいつものように睡眠できないと寝不足になる場合があります。

すると、疲れやすく熱中症にかかりやすくなってしまいます。

スポンサーリンク

熱中症予防に最適な服装とは?

汗を発散しない洋服は、熱がこもってしまいます。

体温調節しやすい、汗を発散する綿素材のTシャツや下着が最適です。

綿素材でもフロントプリントされているデザインTシャツなどは通気性が悪いことがあり、体感温度が高くなることもあります。子供の洋服は吸汗性を重視しましょう!

熱中症予防!気温30度以上の時に気を付けること

気温が30度以上になったら、室内で過ごすのが良いですね。

気温が30度以上の時に室外で過ごすのであれば

▶ 帽子をかぶらせる、

▶ 小まめに水分補給する

▶ 日陰や風通しの良い場所で過ごす

休憩しながら上記のようなことに注意して過ごしましょう。また、地表温度にも注意してください。

特にアスファルトや砂の上を歩かせるときは、子供は背が低いため、その熱の影響を受けやすいです。気温が30度以上の場合は、アスファルトや砂は想像以上に熱くなっています。

長時間歩かせない様にしましょう。

スポンサーリンク

さいごに

夏の水分補給に、我が家では酵素ドリンクをあげていました!

ジュースやスポーツドリンクは甘すぎて子供の水分補給には不向きですしかといって麦茶ばかりだと嫌がることもあったり。

そんな時に選んだのが無添加の100%酵素ドリンクでした。おすすめは自然の甘さがおいしい
赤ちゃんも飲める無添加の「優光泉」。

材料はすべて国内産なので安心して飲ませられます。酵素ドリンクなのにおねだりされるほどです!

お値段が結構するのが難点ですが・・・どうせ飲ませるのなら体に良いものを、という方は見てみてください。

→ 優光泉のサイトはこちらです



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする