乳酸菌と酵素の違いと乳酸菌1日に必要な量と含まれる食べ物

ヨーグルト

便秘に良いと言われる乳酸菌や酵素、サプリやドリンクもいろいろと目につきます。酵素も同じようにおなかの調子を整える、ダイエットに効果的!などなど目にします。

今回はこの乳酸菌と酵素との違いや乳酸菌が多い食べ物、必要量についてご紹介します。

乳酸菌を食べ物で取る際のタイミングやサプリの選び方も参考にしてください。

スポンサーリンク

乳酸菌と酵素の違いは何?

乳酸菌も酵素も健康サプリやドリンクのCMで目にしたり耳にすることが多いですよね。

便秘症だと、この2つは特に目に入ってきます。

酵素も腸内環境のために良いと言われていますが乳酸菌と酵素の違いは何なのでしょうか?

乳酸菌と酵素の違いはというと、(ここで言う乳酸菌&酵素とは?というと)

一言でいうと酵素はタンパク質の一種で乳酸菌は細菌類です。

酵素は食べ物の消化や新陳代謝、血液循環など人間が生きるために必要な様々な働きに関係する無くてはならない物質です。

一方乳酸菌は?というと

乳酸菌には腸内の善玉菌を増やし腸内環境を良好な状態に保つ働きがあります。

腸内環境が崩れると悪玉菌の増殖に繋がりますが悪玉菌が作り出す毒素は大腸がんをはじめとする私たちにとってとても怖い病気の原因となります。

そして肝臓や腎臓に負担が掛かり生活習慣病の原因にも繋がるほか老化の助長にもつながります。

このように乳酸菌と酵素は全く違うものですがどちらも私たちが健康で居るためにはなくてはならないもの、というのは同じです。

乳酸菌が多い食べ物を食べよう!

ご存知の通り、乳酸菌といえばヨーグルトやチーズ、ヤクルトなどの乳酸菌飲料ですね!その他の発酵食品も乳酸菌を多く含んでいます。

発酵食品は発酵する過程で沢山の酵素を作り出すのでヨーグルトや味噌汁などの発酵食品を摂取することで乳酸菌と同時に酵素も接種できると言う利点もあります。

味噌汁やぬか漬け、納豆は毎日積極的に食卓に取り入れましょう。

それから、キムチも乳酸菌、酵素を多く含む代表的な食べ物ですよ!また、大事なのが乳酸菌の栄養となるオリゴ糖も積極的に摂取することです。

スポンサーリンク

大豆にはオリゴ糖が含まれていますから大豆製品である味噌や納豆は、乳酸菌もオリゴ糖もどちらも含んでいるのでまさに腸内環境にはパーフェクトな食べ物なのです。

そしてタマネギ、ごぼう、キャベツ、トウモロコシ、アスパラガス、バナナ、りんごなど野菜や果物にもオリゴ糖が含まれます。

これらの食材を乳酸菌を多く含む食べ物と一緒に毎日上手に取り入れましょう。

1日に必要な乳酸菌の量はどれくらい?

毎日食べ物から乳酸菌を摂取する、と言っても、1日にどれくらいの乳酸菌の量が必要なのでしょうか?

人間の体に必要な栄養素を食べ物から摂取するには、こんなに食べなきゃいけないの~と思うほどたくさんの量であることが多いですが、

ヨーグルトていうと200g~300gくらいです。

大体のプレーンヨーグルトのパックが450gですから、半分くらいの量です。結構お腹いっぱいになる量ですね。

しかし、乳酸菌も一回にたくさん摂取したから良い、というものでもないので毎日続ける事が大切です。先ほどもご紹介した食べ物とも合わせて毎日の食生活に無理なく取り入れるのが良いですよ。

また、乳酸菌やオリゴ糖は市販品でもいろいろな商品が発売されています。

サプリなどはより手軽に取り入れられ、吸収性が良くバランスを考えて作られているのでそういったものを取り入れるのも一つの手ですね!

⇒ 1日1粒で7種類の乳酸菌が摂れる乳酸菌サプリ

↑の1粒にヨーグルト34個分の乳酸菌が入っている上に7種類の乳酸菌が摂れるサプリはおすすめです。

アットコスメでも乳酸菌商品で1位になってたこともありましたよ。

乳酸菌の種類によっては、人それぞれ合う合わない(効果が合出やすい、出にくい)があるのでこういった商品を選ぶと良いです。

スポンサーリンク

さいごに

乳酸菌は胃酸による影響を受けるため、食べ物から乳酸菌を摂取する場合は食後2時間後くらいの摂取が良いと言われています。

また、乳酸菌は就寝中に活発に活動するため、就寝2時間前が良いとも言われています。ですので、意識的にヨーグルトなどを食べる場合は夕食後2時間後、就寝2時間前が良いですよ!毎日夜11時に寝るのであれば夜7時に夕食を食べ、夜9時にヨーグルト。という感じですね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする