犬の夏の留守番対策とエアコン&扇風機使用の注意点

 

 

熱中症で運び込まれるワンちゃんのニュースを毎年目にします。

 

我が家でも2匹の犬が居るので熱中症で亡くなるワンちゃんのニュースはとても辛く、悲しいです。

犬の暑さ対策は飼い主の義務だな、と実感する瞬間です。

 

 

愛犬が熱中症で命を落とすことなどないように、犬にお留守番させるときは特にしっかりと暑さ対策してあげたいですね。

 

今回は犬がお留守番中に熱中症にならないための犬のお留守番対策についてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

犬の夏の留守番対策はエアコンが一番安心!

 

犬は足裏にしか汗腺を持たないため体温調節が苦手な暑さに弱い動物です。

 

特に、鼻ぺちゃの犬種のシーズーやフレンチブルドッグなどは暑さに弱く注意が必要と言われています。また、高齢のワンちゃん(老犬)も熱中症にかかりやすく注意が必要です。

 

 

夏に犬だけで長時間お留守番させる際はしっかりと暑さ対策、熱中症対策を行いましょう。

 

 

犬のお留守番対策はエアコンが一番安心

 

 

室内犬をお留守番させる際に一番安心できるのがエアコンをつけておくことです。

 

お住まいの地域にもよりますが、室内でもエアコンなしでは40度近くまで温度が上がることは珍しくありません。締め切った部屋ですと、それ以上になり、外よりも室内の方が暑い、そんなこともあります。

 

 

そんな中での犬のお留守番は命に関わることなので電気代はワンちゃんと一緒に暮らす必要経費と考え、エアコンをつけたままでお留守番させましょう。

 

 

▶夏の犬のお留守番にはエアコン!設定温度とポイント

 

エアコンの温度設定は27度~28度くらいが最適です。

 

獣医さんによっては25度~28度と言われることもあります。

 

エアコンやお部屋の広さでも変わりますが、目安としては、人間が少し肌寒いかな?と感じる位が犬にとっては快適のようです。

 

扇風機を天井に向かって首振りで併用すると空気が循環するので湿度対策にもなります。

 

人感知センサー搭載のエアコンは設定OFFにしてください。

 

 

>>>エアコンと合わせてできる暑さ対策<<<

 

万が一停電になった場合や、エアコンがついていない(つけない)部屋などでも少しでもワンちゃんが留守番中も快適に過ごせるようにエアコン以外の対策もしておきましょう。

 

 

▶ケージに入れない

 

ケージに入れてのお留守番は、夏は特にワンちゃんにとっては過ごしにくいです。

 

エアコンをつけても、ワンちゃんが自分で快適な場所を探して過ごせるようにある程度のスペースで自由に過ごせる環境を用意してください。

 

例えば、玄関や廊下などは日差しもなく、過ごしやすい場合が多いですのでリビングから玄関間が行き来できたりなどです。

 

エアコンが万が一止まってしまった時の対策にもなります。

 

 

▶クールマットについて

 

犬の暑さ対策グッズに、クールマットはいろいろと販売されています。

 

しかし、アルミマットは苦手なワンちゃんが多いなど、ワンちゃんにも好みがあります。

 

また、冷却ジェルタイプは破れて中身が出てしまうのが心配ですし(特にやんちゃな犬はマットで遊んだりします。我が家で使過去に使用したものも穴が開いて中身が出てしまったことがありました。)わたし個人的にですが、冷却ジェルタイプは経験上あまり冷却効果がないような印象があります。

 

 

そこで、石素材がおすすめです。

 

 

犬用の暑さ対策グッズコーナーにも石素材のものがありますが、石材店やホームセンターで大理石プレートが売っています。

 

我が家の犬も夏に愛用しています。最初は警戒していましたが大理石の冷たさが気に入ったようで夏の暑い日はよく野球の滑り込みのポーズで、うつ伏せでペタンとおなかをくっつけていました。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ペットひんやりプレート白大理石30x30x1cm
価格:2500円(税込、送料無料) (2017/3/28時点)

 

 

↑のようなプレートです。石材やさんの商品です。

 

 

▶凍らせたペットボトル

 

水を入れたペットボトルを凍らせて自由に出入りできるケージ内やワンちゃんのお気に入りスペースなどに置いておくと

頭を乗せたり、お腹の下に敷いたりしてくつろいでいたりします。

 

多目に置いておくと空気を冷やしてくれるので、ワンちゃんにとって涼しさがUPします。

 

また、プラスチックケースに入った保冷剤が100均で売られています。

こちらは平らに置けるのでおすすめです。

 

時間が経つと水滴でべちゃべちゃになるので、ペットボトルも保冷材も手ぬぐいなどを巻いて置いておきます。

 

スポンサーリンク

 

▶お水は2カ所以上に

 

こぼしたりして万が一お水が切れてしまったとき用に。

 

 

▶カーテンやよしず、すだれ

 

室内に直射日光が入ってくるのを防ぐと、室内の温度も上がりにくくなりエアコンの電気代節約になります。

 

 

▶見守りカメラ・あんしん監視カメラ

 

ペットや赤ちゃん用の遠隔監視アプリは様々あり、口コミも良いですし、監視用カメラもそんなに高価ではない商品もあるので、検討しても良いかと思います。

 

●アプリ

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ivuu&hl=ja

 

●見守りカメラ

 

 

 

▶もし冷えすぎた時の対策も

 

冷たい空気は下に溜まりやすいので、ワンちゃんベッドが無い場合などは、もし冷えすぎたときに犬が寒さを調節できるようにブランケットや毛布などを置いておきましょう。

 

 

犬の夏の留守番は扇風機でも良い?絶対エアコン?

 

犬の夏の留守番は扇風機では何の役にも立ちません。

 

犬にとっては、熱風がかき回されているだけで、室内の温度が下がらなければ効果がないのです。

そのため、やはりエアコンが一番です。

 

 

やむを得ず扇風機を使用する際は凍らせたペットボトルを何本か薄手のタオルに巻いて扇風機の風をあてれば、温度を下げる効果はあります。

 

 

さいごに

 

時期的に微妙な時に、エアコンは必要かな?
と思ったときは、自分がエアコンなしで大丈夫か、試してみるのが良いです。

 

床に寝転んでみて、自分が暑いと感じたら、犬はすごく暑いと感じている可能性が大ですよ~

 

 

スポンサーリンク

お住まいの地域によってっも違いますので、もし、うちの地域は涼しいけどエアコン必要?という場合は、かかりつけの獣医さんに聞いてみるのもおすすめです。

 

 

 

   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント