七夕の由来を簡単に説明!七夕飾りの意味と飾る時期はいつ?

 

七夕飾り

小さなころから誰もが慣れ親しんでいる七夕の風習。

 

子供と一緒に七夕飾りを作ったりする立場になって、
あれ、七夕ってどんな由来があったっけ?
この飾りの意味って何だっけ?
なんてことはないですか?

 

今一度、簡単に復習しておきましょう!

 

スポンサードリンク

 

七夕の由来、わかりやすく簡単に言うと何?

 

七夕は2000年以上前の中国の
夫婦でありながら7月7日の
1年に1度の逢瀬しか許されなかった
牽牛(けんぎゅう)と織女(しょくじょ)の伝説と

 

7月6日から7日にかけて、
この時期に訪れる神様のために
穢れを知らない少女たちが機屋に籠り布を織る、
棚機女(たなばたつめ)という、
日本古来の信仰と合わさり現代の七夕祭りとなりました。

 

 

※牽牛(けんぎゅう)と織女(しょくじょ)の伝説は、
牽牛=彦星、織女=織姫のお話です。

 

働き者だった二人が、
結婚した途端に働かなくなってしまい
怒った織姫の父親である天の川を支配する神様に
引き離され、合うことが許されているのは
年に一度の7月7日の夜だけ。

 

なぜ、彦星と織姫は引き裂かれてしまったの?

星空を支配する神様(天帝)の娘で
天の川の西の岸に住む織女という
機織りが大変上手な女性がいました。

 

織女は毎日毎日働いてばかりで、
それを心配した天帝が、
天の川の東の岸に住む、
これまた働き者の牛飼いの青年を
結婚相手として引き合わせました。

 

めでたく夫婦となった二人でしたが、おり姫とひこ星
一緒に暮らすようになった二人は、
来る日も来る日も
天の川でおしゃべりするばかり。

 

そのため、織女の機織り機には
ホコリがかぶり、
牽牛の牛はみるみると
やせ細っていきました。

 

そんな二人を見た天帝が怒り、
二人を引き離しました。
そして二人が会えるのは年にたった一度。

 

7月7日、七夕の夜だけ、天の川を渡って
二人は合うことが許されています。

七夕飾りにはどんな意味があるの?

 

▶ 笹竹

 

天に願いが届くように

 

竹は天まで伸びるかの勢いで真っ直ぐ
成長します。

 

また笹の音が神様を招くとされ用いられています。

 

 

▶ 短冊

スポンサードリンク

 

願いが叶いますように

 

五色の短冊の意味には
中国の陰陽五行説にちなみ、
五つの要素
「木・火・土・金・水」
を色別に表しています。

 

青(木)・・・徳を積む

 

赤(火)・・・祖先への感謝

 

黄(土)・・・信頼

 

白(金)・・・義務、決まり事を守る

 

紫(黒=水)・・・学業上進

 

 

▶ 紙衣(かみこ・着物の飾り)

 

災いを移す・裁縫の上達

 

着るものに困ることがなくなると言われています。

 

 

▶ 吹き流し

 

機織りの上達、長寿

 

織姫の織り糸を表します。
魔よけの意味もあるそうです。

 

 

▶ 巾着

 

お金が溜まりますように、商売繁盛昇

 

本物の財布を下げることもあります。

 

 

▶ 綱飾り

 

豊作・豊漁になりますように

 

 

▶ 千羽鶴

 

長寿・健康を願って

 

家の長老の年の数を折り飾っていたそうです。

 

 

▶ 屑籠

 

物を粗末にしないように
七夕飾りを作った際の裁ちくずなど

ゴミを入れます

 

物を粗末にせずに役立てるという

倹約の心を育てるという意味も込められています

 

 

七夕飾りはいつからいつまで飾る?

 

昔からのしきたりとしては、
七夕飾りは、七夕の前日、7月6日の夕方に飾り、
七夕当日の7月7日の夜に外します。

 

外した飾りは昔は川や海に流し、禊ぎをしました。

 

現代は環境問題もありますので、
神社に持っていくのが一番良いですね。

 

願いを込めて飾りつけした七夕飾りを
ゴミとして出すのはちょっと悲しいですからね。

 

お近くに、おたきあげしてくれる
神社やお寺はありませんか?

 

七夕飾りを飾っている神社やお寺なら
おたきあげの日が決められている、
ということもありますから、確認してみるといいですよ。

 

さいごに

 

七夕の夜に、天の川を挟んで輝くおりひめ星、
ひこ星を探して、家族で語らうのもいいですね!

 

実際にはひこ星とおりひめ星は、
16年もかかる距離に位置しているので、
一晩で会える、ということにはならない、

ということを

子供たちには秘密にしておくかどうかは
お任せします(^^;)

 

 

スポンサードリンク

 

タグ :

年中行事 七夕・七夕まつり 年中行事    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント