蛍が見られる東京のスポットはどこ?野生蛍の場所と時期は?

ほたる

東京では蛍は見られない?

そんなことはなく、自然の蛍が見られるところもあるんです。

東京で蛍が見られるスポット、イベント、野生ホタルが見られるところをご紹介します。

スポンサーリンク

蛍が見られる東京のスポットはどこ?

【文京区】

▶ホテル椿山荘東京庭園ほたる沢

住所:東京都港区白金1-17-2

期間:2015年5月20日~6月30日

時間:20時ごろ~

駐車場:あり(有料)

電話:03-3943-1111

ホテル椿山荘東京は都内の蛍の名所と言われています。

5月16日に3匹~5匹の蛍が舞う姿が確認されたとのことです。

ホタル観賞はホテルで飲食されたお客様向けサービスです。

【渋谷区】

▶ふれあい植物センター

住所:東京都渋谷区東2-25-37

期間:2015年6月19日(金)~23日(火)

時間:17時30分~21時

(入場は20時15分まで)

電話:03-3463-1287
(渋谷区広報課広報広聴係)

駐車場:なし

駐車場がないのでご注意ください。

場所はJR渋谷駅より徒歩約12分の場所です。
東京のど真ん中でも子供にホタルを見せられるのはうれしいですね!

ヘイケボタルもゲンジホタルも観賞できます。車椅子OKですがベビーカーは入場不可です。

この期間は夜間特別無料開放で結構込み合いますのでその辺もご注意ください。

【港区】

▶白高児童遊園内

住所:東京都港区白金1-17-2

期間:2015年7月4日(土)・5日(日)

時間:19~21時

駐車場:あり

電話:03-5775-4738
(白金プラザ会)

天の川蛍祭と題しホタル観賞会が開催されます。このイベントでは山形県の庄内町のゲンジボタルが見られます。

観賞は無料です。白金高輪駅からすぐですので、電車でのアクセスが便利ですが園の駐車場や近隣にも民間駐車場があるので車でもOKです。

イベント自体は12時~21時で開催予定です。屋台や物産展などもありますよ。

【墨田区】

▶わんぱく天国

住所:東京都墨田区押上1-47-8

期間:2015年7月4日、5日の土日予定

時間:19時~21時(入場は20時30分まで)

駐車場:なし

電話:03-5608-6311
(墨田区教育委員会事務局)

ほたる観賞の夕べと題し、わんぱく天国内に設置したテント内に放ったヘイケボタルを無料で観賞できます。

スポンサーリンク

【新宿区】

▶おとめ山公園

住所:東京都新宿区下落合2-10

期間:2015年7月上旬の土日2日間限り

時間:19~20時30分

駐車場:なし

電話:03-3951-9196
(落合第一特別出張所・土日祝日除く)

東京の名湧水57選に選ばれたおとめ山公園の湧水でホタルを飼育しています。

普段は夜間利用できない同公園ですが、2日間だけ鑑賞会で解放されます。

注)当日午後6時から整理券が配布されます。

【世田谷区】

▶世田谷代官屋敷

住所:東京都世田谷区世田谷1-29

期間:2015年7月中旬~下旬の土日2日間限り
例年でいうと今年は7月11日、12日予定

時間:17時~21時

駐車場:あり

電話:03-5432-3333

昭和56年に始まった無料で楽しめる「せたがやホタル祭りとサギ草市」は昼間はサギ草市の即売や子供向けイベントが催されます。

夜はホタル観賞のほか、盆踊りも楽しめ、浴衣姿の参加者が多く、世田谷の夏の風物詩となっています。

東京で野生の蛍が見られるところは?

【あきる野市】

▶徳雲院の養沢川沿い遊歩道

場所:東京都あきる野市乙津511

時期:6月下旬から7月上旬

時間:ピークは20時ころ

駐車場:あり

武蔵五日市駅から西東京バス上養沢行「札立」下車。

バスで行かれる場合、帰りのバスの時間は要チェックです。札立からのバスがなくなると徒歩15分の十里木から乗車となります。

▶秋川グリーンスポーツ公園グリーン広場南の南郷用水路

場所:東京都あきる野市切欠1908あたり

スポーツ公園に沿って流れる南郷用水路で見られます。

南郷用水ホタルの会の方々が蛍の環境を守り蛍が生息するようになった貴重な場所!


スポンサーリンク

【八王子】

▶夕やけ小やけふれあいの里

住所:東京都八王子市上恩方町2030

期間:2015年6月13日~28日まで予定

時間:18時~21時(入場は18時から)

駐車場:あり

電話:042-652-3072(夕やけ小やけふれあいの里)

入場料(大人200円、中学生以下100円)必要です。4歳未満は無料です。

自然のゲンジホタルが鑑賞できます。

6月21日(日)~30日(火)まで

さいごに

蛍が舞う特別な空気、空間は何とも言えません。

自然を大切にしよう!そう思える瞬間でもあります。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする