冷やし中華手作りたれ定番とごまたれレシピとおすすめの具8種

冷やし中華

夏の休日のお昼や夏休みの子供のお昼ご飯にピッタリな冷やし中華。

おいしいたれのレシピ、定番しょうゆだれとごまだれレシピ、おすすめの具材をご紹介します。たれと具が変われば飽きずに食べてもらえます♪

スポンサーリンク

冷やし中華の手作りたれの黄金比率はこれ!

冷やし中華のたれの比率さえ覚えておけば、中華めんだけ購入すればOKなので、割高のたれ付冷やし中華めんを購入する必要がなくなります。

自宅で作れば安心ですし、一石二鳥です。

>>> 黄金比2:2:2:1:1カップ <<<

しょうゆ2・砂糖2・酢2・ゴマ油1・だし半カップ

▶冷やし中華しょう油たれ4人分

・しょうゆ 大さじ8

・砂糖 大さじ8

・酢・大さじ8(米酢がおすすめ)

・ゴマ油大さじ4

・鶏がらスープ1カップ

・白ごま(お好みで)

全て鍋に入れ火にかけて一度沸騰させ、冷やしておきましょう。

鶏がらスープは中華スープの素などに変えても、お好みで。和風だしで和風冷やし中華にも甘めがお好みでしたら砂糖を足してください。

しょうが汁やレモン汁をお好みで、味に変化があって良いですよ!

それから・・・邪道というか手抜きというか、ですが麺つゆ、すし酢、ごま油があれば冷やし中華のたれが秒速で出来ちゃいます。使う麺つゆにもよるので加減しながらすし酢とお水で調節してください。

最後にごま油、白ごまを加えて出来上がりです!

冷やし中華おすすめごまたれレシピはこれ!

ごまだれは混ざて冷蔵庫で冷やしておくだけ!とても簡単です。

▶冷やし中華ごまたれ4人分

・鶏がらスープ 1カップ

・しょうゆ大さじ8

・練りごま 大さじ6

・酢 大さじ8

・砂糖 大さじ8~10

・ゴマ油 大さじ3

甘さは砂糖で、たれの濃さはスープで加減しお好みの濃さに調節してください。大人は好みでラー油やショウガ汁などをどうぞ!

冷やし中華の具は何がおすすめ?変わり種19種ご紹介!

具材だけ、いつもの定番具材と変わり種を数種類別皿で用意し、好きな具を家族それぞれ自分でチョイスしてもらって自分だけの冷やし中華にする、なんていうのもおすすめです。

いつもの様に最初から具を盛り付けるのも良いですが、ちょっと変わったことをすると特に子供は喜びますからね~

>>> おすすめ冷やし中華の変わり種 <<<

スポンサーリンク

▶レタス千切り

▶水菜

▶カイワレ

▶大葉

▶海藻サラダ

▶大根おろし

▶ゆで野菜

・キャベツ
・もやしなど
・オクラ

▶焼きナス

▶ボイルきのこ

・えのき
・エリンギなどがおすすめ

▶鶏肉をほぐしたもの

▶ツナ

▶ボイルエビ

▶クラゲ

▶キムチ

▶クラッシュピーナツ

▶コーン

▶カニカマ

▶アボカド

▶チーズ

▶納豆

コーンやカニカマ、チーズは子供が喜びます!クラッシュピーナッツは、

↑のようなものです。

タイ料理などエスニック料理によく使われますが麺類に良く合い、味のアクセントになり癖になりますよ!クラッシュピーナッツはスーパーのお菓子作りの材料コーナーなどでも売っています。

いつもの味に飽きたらアボカド、チーズがおすすめ!ハムやツナ、とりのほぐし身と合わせてどうぞ。

>>> 組み合わせおすすめ一例 <<<

お好みで定番のきゅうり千切り、錦糸卵、ゆで卵、トマトなども加えてください。

納豆、オクラ、えのき、大根おろし

千切りレタス・水菜・冷しゃぶ

茹でもやし・海藻サラダ・冷しゃぶ

茹でもやし・クラッシュナッツ・とりほぐし身

オクラ・コーン・ツナ・カイワレ

納豆・チーズ・オクラ

アボカド・ボイルエビ・千切りレタス

納豆・アボカド・チーズ

いろいろと組み合わせてお気に入りを見つけてください!ゆで野菜以外、そうめんの具にも合いますよ♪

スポンサーリンク

さいごに

たれの組み合わせも変えると、組み合わせ無限大~!?今年の夏も中華めんの買い置き、忘れずに!食欲がなくても、冷やし中華なら

食べだしたらもりもり食べられちゃいます。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする