化粧を落とさないで寝るのは恐ろしい!落とす時間は早いほど良い!?

 

woman4

化粧を落とさないで寝た経験って
ありませんか?

 

化粧を落とす気力すらない・・・なんて日、
年に何回かありますよね。

 

でも、これを知ったら、
もう化粧を落とさずにはいられないかも?

 

スポンサードリンク

 

化粧を落とさないで寝た?それは恐ろしい!

 

イギリスの女性ジャーナリストが1か月間、
夜に化粧を落とさないで寝た結果、

 

1か月で10歳も肌が老けた、という実験結果があります。

 

また、化粧したまま寝ると一夜で3歳も歳を取るとも。

 

これは、ファンデーションなどメイク用品に含まれている
油分や顔料が汗や皮脂と混ざり合うことで

過酸化皮脂という皮膚細胞を傷つける成分に変化し、

 

その過酸化皮脂が

毛穴の詰まり、炎症や乾燥肌、
シミやしわの原因となるからです。

 

1日くらい、を何度も繰り返していると
数年後に思った以上の悪影響に後悔するかも!?

 

お化粧はしっかり落としてから寝ましょう!

 

化粧を落とす時間は早いほど肌に良い!?

 

化粧は肌の呼吸を妨げますから、
やはり化粧をしている時間は短いほど良いです。

 

ですので、化粧はできるだけ早く落とすのが良いですね。

 

でも、化粧をしなければ良いもの、
ということでもありません。

 

化粧で肌に負担はかかるとはいっても、
化粧が、紫外線から肌を守ってくれてます。

 

働く女性にとっては、
化粧は身だしなみのひとつでもありますしね。

 

ところで、化粧を落とす時間は早いほど
肌に良いと言っても、

 

シャワーや入浴時に
真っ先にクレンジングして洗顔して・・・

 

という順序で、ということはないですか?

 

化粧を落とす時間が早ければ早いほど良いのですが、
シャワータイムや入浴時のクレンジングや洗顔には
タイミングがあります。

 

なぜかというと、

 

シャワーやリンスの成分を肌に残さないほうが良い、

 

毛穴が開いてきてからクレンジングした方が効果的、

 

洗顔後すぐにスキンケアできる状態の方が良い

 

この3つが大きな理由です。

 

 

肌が温まると毛穴が開きますから、
そのタイミングでのクレンジングの方が
毛穴の奥の汚れがきれいになります。

スポンサードリンク

 

 

そして、シャワーやリンス後にクレンジング、
洗顔した方が、肌に付着したシャワーやリンスの成分も
残さずきれいになります。

 

 

また、シャワーや入浴の一番最後にクレンジング、
洗顔することで、洗顔後から化粧水などの
スキンケアの時間までを最短にすることができます。

 

 

クレンジングと洗顔するタイミングも、
気にしてみてくださいね!

 

万が一化粧を落とさないで寝てしまったら
翌日は特別なお手入れをしてあげてください。

 

丁寧にクレンジングした後の
蒸しタオルパックがおすすめです。

 

蒸しタオルは濡らしたタオルを軽めにしぼり、
レンジで40秒ぐらいで温めればOKですので
手軽にできますよ!

 

 

その後はたっぷりと基礎化粧品で保湿しましょう。

 

 

化粧を落とすのが面倒なんだけど・・・

 

化粧はすぐ落とした方が良いのは
わかってはいるけど・・・でも、

 

疲れて帰ってくると、
「何もしたくない!」という日は、年に数回どころか
もしかしたら毎日かも?

 

化粧を落とすのって結構面倒ですよね。

 

でも、何はしなくても化粧だけは落としましょう!

 

できれば帰宅後すぐにシャワーを浴びるのがおすすめです。

 

湯船に浸かるのが一番良いのは良いですが、

 

もう何もしたくない!

そんな日はシャワーを浴びて、
すぐに寝られる準備をしてしまうと、

 

気分もリフレッシュできて
「何もしたくない!」という気持ちが少し回復します。

 

シャワーを浴びて化粧を落としてみれば、
意外とその後いろいろできてしまうことも!

 

 

さいごに

 

濡れたてでも使用でき、W洗顔不要の
クレンジングがおすすめです。

 

美容液クレンジング、という言葉がありますが、
その名の通り美容液成分たっぷりで

 

こんにゃくスクラブでしっかり汚れが落ちるのに
肌にやさしい「リダーマラボ」

 

⇒まるで美容液!?で洗う リ・ダーマラボ

 

がわたしの一押しです!

 

リダ―マラボクレンジング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

美容    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント