ゴルフ当日雨で中止になる?キャンセル料や決行の場合の持ち物は?

ゴルフが好きでも雨の日のゴルフが好きという人は居ないのでは?初心者なら尚更。

しかし、同伴者も居ることだしキャンセル料も気になるし、一般的にはどうなの?と、気になります。

今回は気になる雨の日のゴルフについてご紹介します。雨の日のプレーに備えて必要な持ち物もチェックしておきましょう!

ゴルフは雨で中止になる?

プロの試合でも度々雨の日がありますね。多少の雨なら当然のようにプレーしています。

雷や、グリーンの水溜りの影響で一時中断している様子も見たことがあるかと思いますが、一般人の場合の雨の日のラウンドはどうなのでしょう。朝から雨でも普通にゴルフ場は営業しています。

台風や雷で安全にプレーできない場合や、ラウンドに支障がある場合(グリーンに水溜りやコースが荒れているなど)ではない限り、ゴルフ場がクローズになることはあまりありません。

そして、予約のプレー客も普通にゴルフ場にやってきて、レインウェアを着てスタートしていきます。

ですので、雨でラウンドが中止になるかどうかは、プレーする本人次第となります。

しかし、ゴルフは同伴者が居るスポーツですから自分だけの判断では決められません。上司やお客様とのゴルフなら、その方々の意見を聞くことになります。

ゴルフ場がクローズとならない限り雨でのラウンドは基本的には中止になりません。雨でラウンドを中止とするかしないかはプレーヤーの判断となります。

ゴルフが雨で中止になった場合キャンセル料がかかる?

先ほど、雨でゴルフが中止になるのは基本的には自分たちの判断で、ということを書きましたが自分たちの判断でキャンセルとなった場合はキャンセル料が発生することがあります。

発生することがある、というのは、ゴルフ場によって規定が異なるからです。

結構なプレーフィーがかかるそれなりのゴルフ場でも当日のキャンセルであってもキャンセル料が発生しないゴルフ場もありますし、

3日前のキャンセルからキャンセル料が発生するコース、
当日からのキャンセルでキャンセル料が発生するコース、

連絡なしで無断キャンセルした場合は
全額キャンセル料が発生するゴルフコースもあります。

ですので、ラウンドを予定している、予約を入れているゴルフ場に確認するのが確実です。

ホームページや、ゴルフ場予約サイトなどでキャンセル料について確認することができます。

>>>日本最大級のゴルフ場予約サイト 楽天GORA

雨の日のゴルフの持ち物は?

キャンセル料が発生するくらいなら多少の雨ならプレーする!と、人の心理はそんなものですが(笑)、

また、雨のラウンドも上達するための経験のひとつでもありますから、雨の日のラウンドに備えて、雨の日にゴルフへ行く際の持ち物も準備しておきましょう。

▶レインウェア

夏は蒸れるのでレインウェアを着てると逆に汗でびしょ濡れになることもあります。機能性の良いゴルフ用レインウェアがおすすめです。

▶グローブ替え(5~6枚)

皮のグローブは避け、全天候型のグローブ滑り止め機能付きがおすすめです。

▶タオル数枚(3枚~4枚)

濡れた体を拭いたりグリップを拭いたりするためです。キャディーさんやゴルフ場でも準備があるので3枚~4枚くらいあれば十分です。

ポケットに入るハンドタオル数枚あるとグリップやフェイス面が拭けて良いです。

▶着替え(ウェア、下着、靴下2セット以上)

着替えはハーフ終わりでの着替えと、ラウンド後の着替えで2セットです。合羽を着ない場合はポロシャツなど多目に持って行きましょう。

▶ゴルフシューズ

ゴルフシューズもできれば予備があると良いです。傘はカートについているので特別準備していかなくても問題はないです。

さいごに

雨予報でも当日雨が降っていても、プレーすること前提で準備万端で出かけるのが後悔が少ないかと思います。

また、ゴルフ場によっても変わってくることではありますがスタートしたらしたで、その時はワンホールであがってもグリーンフィーはラウンド分支払うのが通常ですのでそういった事も頭に入れておいた方がよいです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする