アルガンオイルを顔に使う場合この使い方もおすすめ!

 

アルガンオイル

日焼け止めを使用する季節におすすめの
アルガンオイルの使い方をご紹介します!

 

日焼け止めを塗るときに肌にこすりすぎて

ひりひりする
日焼け止めがクレンジングや洗顔で落ちにくい

 

こんな時におすすめの使い方です。

 

スポンサーリンク

 

アルガンオイルを顔に使う場合この使い方もおすすめ!

 

アルガンオイルが美肌オイルとして
効果が抜群なことはこちらの記事

 

アルガンオイルの効果効能と顔や髪に使用する場合の使い方

 

↑の記事でも書きましたが、

 

顔の日焼け止めと一緒に使用するのもおすすめです。

 

クリームタイプの日焼け止めや、
SPFが高い日焼け止めは、伸びが悪いものが多いですよね。

 

日焼け止めの伸びが悪いと
必要以上に肌をこすってしまって
肌がヒリヒリ・・・なんてこともあるかと思います。

 

せっかく肌に優しい無添加の物を使用しても
それでは意味がなくなってしまいますね。

そこでアルガンオイル!ということです。

 

まず、洗顔後すぐにアルガンオイルを一滴
ハンドプレスで軽く温めてから
やさしく肌に塗り浸透させます。

 

その後、化粧水やオールインパックなど
日ごろ使用している基礎化粧品をつけます。

 

次に日焼け止めをいつも通りに塗っていきます。

 

するとどうでしょう!

日焼け止めがスーッと伸びていきます!

 

日焼け止めの後は
いつも通りにメイクをしますが
パウダーファンデーションを塗る前に
軽くティッシュを当てティッシュオフして
肌を落ち着かせます。

 

アルガンオイルは紫外線からのダメージから
肌を守ってくれる役割があるので一石二鳥です!

スポンサーリンク

 

 

日焼け止めが洗顔で落ちないときも!

 

顔に日焼け止めを使用して居る場合は、
しっかりと洗顔やクレンジングで落とさないと
角質がつまり毛穴が汚くなってしまいます。

 

毛穴の汚れはニキビや吹き出物などの肌荒れ、
肌のくすみやたるみなどの原因ともなります。

 

ですので日焼け止めはしっかりと落としたいですが
日焼け止めを塗っていると、
普通のメイクに比べて落ちにくいでよね。

 

しかし!日焼け止め前にアルガンオイルを塗っていると
洗顔後のアルガンオイルが肌をカバーして

肌がベールで包まれたようになり
いつも通りのクレンジング、洗顔できちんと落ちるのです。

 

朝の洗顔後に1滴、アルガンオイルをお試しください。

 

 

日焼け止めの乾燥対策にも!

 

さらにさらに!

日焼け止めは肌を乾燥させます。
日焼け止めを塗り始めて、洗顔後に肌のツッパリを
感じるようになる方は少なくないですが

そうです、これもアルガンオイルで解決!

 

朝の洗顔後にアルガンオイルを1滴、
夜もお風呂上りはアルガンオイルでケア!

 

日焼け止めを使用している期間は
夜は少し多めにアルガンオイルを塗ってケアします。

 

100%のアルガンオイルならこれだけで十分です。

 

 

>>> ピュアアルガンオイル
 
おすすめはオーガニックのピュアアルガンオイルです
 

スポンサーリンク

さいごに

 

高い基礎化粧品をそろえて
一生懸命塗っていたのは何だったの~?

 

と、思わせてくれるくらい
アルガンオイルは優秀ですよ!

 

お肌に合う合わないはあるものの、

一度は必ずお試しいただきたいですっ

 

 

 

タグ :

美容    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント