梅雨の洗濯物を効率よく乾かす方法と臭い対策そして裏ワザとは?

梅雨の時期は乾かない洗濯物、そして洗濯物の生乾きの嫌なにおいが私たち主婦の悩みでもありますね。家族から「タオルが臭ーい」なんて言われた経験がありませんか?

家族の下着やシャツに生乾きの臭いが残ってしまったりすると、申し訳ない気持ちにもなってしまったり・・・

そこで、梅雨の時期に洗濯物を効率よく乾かす方法や生乾きの臭い対策をご紹介します。

スポンサーリンク

梅雨時期の洗濯物を効率よく乾かすにはどうすれば良い?

やはり一番は乾燥機、除湿器、扇風機を使用すること。

電気代がかかりますが、除湿器は短時間でカラッと洗濯物が乾きます。

我が家は、乾燥機はありませんでしたから、この時期は除湿器が大活躍です。しかし、留守中は除湿器をかけっぱなしにするわけにもいきません。

そういったときは、干し方など方法や干す場所を工夫します。

▶ しっかり脱水する

脱水時間を設定できるようであれば通常より長めに設定し、または脱水が終わったら1分程度再脱水します。

▶ 一度にたくさん洗わない

一度にたくさん洗濯してしまうと、それだけ干す際は洗濯物が密集してしまいます。
できるだけ一度に干す量が少なくて済むようにしましょう。

▶ 干す間隔を広く取る

風通しを良くするために、干す間隔をできるだけあけましょう。

▶ 互い違いに干す

これも、風通しを良くするためです。干す順番を長いもの、短いもの、互い違いにして干します。

▶ 換気扇の近くに干す

換気扇なら留守中でも回していられます。一番良いのが乾燥機を回したお風呂です。

▶ 窓際に干さない

雨の日に窓際に干してしまうと、湿気など水分を吸ってしまっていつまでたっても洗濯物は乾きません。梅雨時期の窓際は要注意です。

洗濯物の生乾きの臭いにおいにはこうして対処しよう!

洗濯物の生乾きの臭いは、ほとんどが皮脂やタンパク質の汚れがきちんと落ちていないために雑菌が繁殖してしまうことが原因です。

ですので、何よりも洗濯物をすぐ洗うことがポイントです。

汗や皮脂汚れがついた洗濯物は置いておくだけで雑菌が繁殖してしまいます。

でも、しっかりと汗や皮脂汚れを洗い落とし殺菌することで臭いを取り除くことができますよ。

▶ すぐ洗う

臭いの原因の雑菌が繁殖しないようにすぐ洗いましょう。特に湿っている洗濯物などは放置しないようにお気を付けを。

▶ 洗濯機に詰め込まない

洗濯物を詰め込んで選択してしまうと、洗濯機内でうまく洗濯物が回転できずに洗う力が弱まってしまいます。そのため洗い残しや洗剤が残ってしまいそれが臭いの元になってしまいます。

スポンサーリンク

洗濯物が多い場合、多少多いくらいなら1回で済ませたいと思ってしまいますが、この時期は出来るだけ洗濯機内に余裕を持たせた洗濯物の量で洗濯機を回すことが良いです。

▶ 部屋干し用洗剤を使う

部屋干し用洗剤には殺菌作用のある成分が配合されているので効果的です。

▶ 日ごろから漂白剤を使用する
日ごろからワイドハイターなどの漂白剤をキャップに一杯入れて洗濯することで臭いの元である皮脂汚れの蓄積を防ぐことができます。

▶ お湯で洗う

梅雨の時期は汗や皮脂のタンパク汚れをしっかりと落とすために日常的にお湯で洗うのが理想です。

▶ 短時間で乾かす

いつまでも乾かないまま室内に置いておくことも雑菌繁殖につながります。乾かす時間が短ければ短いほど臭いの原因の元となる菌お発生を抑えることが出来ます。

▶ つけ置き洗いする

臭いが特に気になる洗濯物は、50度くらいのお湯に漂白剤を入れてつけ置き洗いしましょう。衣服が傷む原因ともなるので、30分ほどにしておきます。
(50度のお湯は、沸騰したお湯に同量~同量より少し多めの水を入れると50度程度になります)

▶ 洗濯機に詰め込まない

洗濯機にたくさんの洗濯物を入れてしまうと洗濯物が回転する勢いが弱まってしまいます。すると、汚れが落ちにくくなってしまうので少量ずつ洗うようにしましょう。

梅雨時期の洗濯に裏ワザを使ってみよう!

▶ 新聞紙を丸めて置いておく

洗濯物の下にクシャクシャと丸めた新聞紙を置いておくだけで除湿効果があります。

▶ 洗濯物は裏返しに干す

乾きにくい縫い目やポケットを表に干すことで早く乾かすことにつながります。

▶ アイロンをかける

なかなか乾かないときには、生乾きの状態でアイロンをかけてしまいます。高温のアイロンで一気に乾かすことで殺菌にもつながります。

▶ 洗濯機自体をきれいにする

漂白剤を使用してお湯で洗っているのに洗濯物が生臭い!なんて時は、洗濯機に問題があるかもしれません。この時期は洗濯槽を一度洗っておくことをおすすめします。

最近では、洗濯槽のカビや汚れを落とし、除菌するための洗剤がありますし、今すぐ洗濯槽を洗いたい!なんて時はお酢で洗うことができます。

▶ お酢で洗濯槽を洗う方法

洗濯槽に目いっぱいのお湯を張ります。(40度くらい)その中にお酢を250ccほど入れたら、20~30分ほど回せばOKです。

スポンサーリンク

まとめ

梅雨の時期も、工夫次第でだいぶ乾き方や臭いも違ってきます。下の記事も参考にしていただけましたらと思います。

→ タオルの臭いの記事でも臭いを発生させない乾かし方をご紹介しています。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする