日焼け止めのSPFとPAにはどんな意味があるの?種類は?

紫外線 日焼け対策

日焼け止めは「SPF」の数値が高いほど効果があると思っていませんか?SPFやPAの意味をしっかり知って日焼け止めを効果的に使用しましょう!

SPFやPAの表記から何時間日焼け止めが有効なのかなど見方についてやその意味などをご紹介します。

スポンサーリンク

日焼け止めのSPFとPAってどんな意味がある?

SPFはサンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略で日本語では紫外線防御指数といいます。

地上の紫外線は「紫外線A波(UVA)」と「紫外線B波(UVB)」の2種類です。

このうち、肌が真っ赤に焼けて炎症を起こす赤くなる日焼けや水ぶくれの原因となるのが紫外線B波(UVB)です。

SPFはこの紫外線B波(UVB)に対しての防止効果を指標で表したものとなります。

防止効果というのは紫外線を浴びて皮膚に赤く斑点ができるまでの時間を何倍長く出来るかということです。

紫外線があたりだして炎症を起こす時間は大体15分~20分といわれていますが

例えば、紫外線を浴びて赤く斑点が出るのが20分かかる場合、SPF30の日焼け止めクリームだと

20分×SPF30=600分

およそ10時間、日焼け止め効果を期待できると言う意味なのです。

SPF指数が大きいほど日焼け止めの効果が期待できる。と、よく勘違いしてしまいがちですが、

SPFは時間的にどれだけ長く日焼け止め効果が期待できるか、の意味です。

スポンサーリンク

PAはプロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略で紫外線A波(UV-A)の防止効果の目安となる数値をを表しています。

紫外線A波(UV-A)はコラーゲンを破壊ししわやしみの原因となるので

分かりやすく言うとPAはしわやしみの原因を防止してくれる数値とも言えます。

SPFとともにPAも欠かせませんね。

PAには+1個から+4個+、++、+++、++++の4種類があり+が多いほど効果が高いという意味があります。

日焼け止めのSPFの種類は?30とか50とか・・・?

日本では低いものはSPF2からありSPF50++++が最高です。

SPFが2などの低い数値の物は日焼け止め用ではなくサンオイル(日焼け用オイル)として使用します。

お買い物や通常の家事など、日常的に使用するのであればSPF20程度でSPFは++くらいで十分と言われています。通勤などではSPF30くらいでPA++++がおすすめです

また、最高のSPF50は、時間換算でいうと20時間50分の日焼け止め効果(紫外線カットの効果)があることになりますが現実的ではないですね。

ですので、SPF30以上は効果は変わりません。

スポンサーリンク

まとめ

日焼け止めのSPF、PAについてわかっていないと、無駄に何度も塗りたくってみたり、無駄に数値の大きいものを選んだり・・・ということになってしまいますね。

SPFは時間の数値、ということは頭に入れておきましょう!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする