日焼け止めの効果的な塗り方と落とし方、顔と体の違いは?

おすすめ日焼け止め

今や日本もオールシーズン日焼け止めが必要ですね!だからこそ日焼け止めについて理解して無駄なく効果的に使用しましょう!

塗る順番や塗る量、塗るタイミングなど日焼け止めを顔に効果的に塗る方法や、顔と体の違い、なかなか落ちない日焼け止めの落とし方をご紹介します。

スポンサーリンク

日焼け止めの効果的な塗り方とは?

日焼け止めはべたべた塗ったからと言って塗った分だけ日焼け止めの効果が高くなるというわけではありません。

日焼け止めは適量は1平方センチあたりの量が2mgです。

いまいちピンとこないかと思いますが、顔全体に使用する量でいうと0.8gほどで、500円玉大くらいの量が適量といわれています。

500円玉大というと結構な量ですが、一度に塗るのではなく2回に分けて重ね塗りすることでムラなく塗ることができます。

顔に日焼け止めを塗るタイミングは、化粧水などの基礎化粧品後、リキッドファンデーション、ファンデーションの前に塗ります。

▶ 塗る量

手のひらに500円玉大、0.8g

日焼け止めの種類やタイプ(乳液タイプやクリームタイプなど)によって塗る量は調整してください。

クリームタイプの場合などで500円玉大だと量が多い場合があります。顔に塗る場合に1円玉大くらいで十分な場合もあるので調整してください。

▶ 塗る順番

化粧水やクリームなど基礎化粧品の後ファンデーションを塗る前

化粧水 ⇒ クリーム ⇒ 日焼け止め ⇒ 下地 ⇒ ファンデーション

▶ 塗り方

500円玉の半量分を手のひらに出し両頬、額、あご、鼻のポイントごとに日焼け止めを置いていきます。

肌の内側から外側に向かって指の腹でやさしく伸ばしていきます。

そのまま首筋まで塗り広げられれば首元まで塗っていき足りないようなら少し足して首にも塗りましょう。

これをっもう一度繰り返し、重ね塗りしていきます。

クリームタイプなど一度でしっかりと万遍なく塗れるタイプは1回を丁寧に塗ればOKです。

擦るように塗ってしまうと、肌がヒリヒリとしてしまい肌荒れの原因となりますので気を付けてください。

髪の毛をアップスタイルにする場合は首の後ろにも塗りましょう!

▶ 塗り直しのコツ

日焼け止めを塗り直すことで日焼け止めの効果を最大限にすることができます。汗をかいた時には特に塗り直のがポイントととなります。

しかし、メイクしていると日焼け止めを塗りなおすのはなかなか面倒なことになってしまいます。なので、一番簡単な方法で小まめに日焼け防止するのがおすすめです。

その簡単な方法は、ファンデーションをUVカットやSPF表示の物を使用することです。これなら、汗や皮脂をしっかりとティッシュオフし、ファンデーションを塗り直せば大丈夫です。

多少面倒でもしっかり日焼け止めを塗りなおしたい!そんな時は鼻の頭や頬など気になる場所を、拭き取るタイプのメイク落としなどでメイクを落とします。

その後、化粧水やクリームなど基礎化粧品でケアします。次に日焼け止めを塗ったらファンデーションを塗ります。

スポンサーリンク

参考までに・・・

私は、クリームタイプの日焼け止めを1円玉弱ぐらいを顔全体に塗った後、日焼け止め効果のある(SPF表示のある)リキッドファンデーションとファンデーションのW使いをしています。

汗をかいたらファンデーションを塗り直すだけです。子供との公園遊びや海でも、これで十分日焼け止め効果がありますよ!

コツは日焼け止め以外にリキッドファンでもパウダーファンデーションも日焼け止め効果のあるSPF表示のものを使用することです。

日焼け止めも含めるとトリプル使いで日焼け止め!

また、一番下に塗る日焼け止めを、落ちにくくSPF数値の高いものを使用するのも大きなポイントです。お試しください(^‐^)

おすすめの日焼け止めもご紹介しておきます。

おすすめ日焼け止め

▶ タナカ UVエッセンス
▶ エンドジーナス サンプロテクターエッセンスS

▶ マキアレイベルクリアエステヴェール
▶ DHC薬用PWパウダリーファンデーション

安心して使用できる顔用日焼け止め、UVリキッドファンデーション、UVパウダーファンデーションです。

顔の日焼け止め、きれいに落とさないと心配!落とし方は?

日焼け止めをきれいに落とさず、汚れが毛穴に詰まったままになるとやはり肌荒れや吹き出物、くすみの原因に。

日焼け止めのタイプによっては、洗顔料だけで落とせるものもあります。しかし、顔に日焼け止めを塗っている場合は、クレンジングとのW洗顔が良いです。

洗顔料だけで落とそうと思うと、どうしてもごしごしとこすってしまいがち。

クレンジング剤でやさしく汚れを浮かせて流せば、洗顔の際はごしごしと洗う必要もなくなります。

クレンジングしてからぬるま湯で洗顔し、肌を完全にオフし、保湿などスキンケアしてください。

クレンジングは肌に優しいジェルタイプ、クリームタイプがおすすめです。

顔と体の日焼け止め、何か違いがあるの?

顔の皮膚は体の皮膚に比べてデリケートです。ですので成分が違います。紫外線吸収剤や反射材が使われることが多い体用の日焼け止めに比べて

顔用の日焼け止めの方が肌に優しい成分が使用されています。


スポンサーリンク

最近は無添加の日焼け止めや、美容成分配合の日焼け止めが多く開発されているので、是非、日焼け止めは顔用と体用で使い分けてくださいね。

さいごに

日焼け止めも、ほかの化粧品と同様に値段がピンキリですが、顔に使用するものは大人の肌にはやはりそれなりのものが安心です。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする