夏のゴルフの服装女性は?暑さ対策と日焼け対策も教えて!

暑くてもゴルフが楽しい♪夏もゴルフを楽しみたい~でも日焼けが気になる~

ゴルフを始めて最初の夏は女性ゴルファーはどうしているの?と気になりますよね!夏のゴルフファッションや暑さ対策、参考にしてみてください

最後に、ショートパンツでゴルフしたときの脚の日焼けの様子も画像でご紹介します。こんな風にならないように・・・

スポンサーリンク

夏のゴルフの服装は?女性はどんな格好が良い?

夏のゴルフは、特に注意したいのが日焼けです。

名門では相当厳しいコースは今でもありますが多くは昔と違い、最近はよっぽどの名門ゴルフコースやよっぽど失礼な服装ではない限りゴルフプレー時の服装をうるさく言われることはあまりありません。(襟なしウェアはマナー違反のゴルフ場がほとんどです)

なので、ノースリーブポロシャツにショートパンツ、ショートソックスなどでプレーされる女性もいます。プライベートで、気の知れた仲間とのゴルフでなおかつ日焼けを気にしないのであればそれはそれで良いのですが

夏のゴルフの日差しは容赦なくくっきりと「跡」を残します!

例えば普段、制服がひざ丈スカートでパンスト、パンプスを合わせているならショートソックスの跡がくっきりでまるで白い靴下を履いているかのようにみっともないことになってしまいます。

また、プレー中にあまりの日差しに腕の皮膚がじりじり痛い!なんとことにも。なので、実は夏のゴルフも長そで長ズボンといった服装がおすすめです。

長袖長ズボンでプレーすることで日焼け対策以外にも疲労抑制にもなるんですよ。

日焼けは体を疲れさせる原因ともなるのでゴルフプレー時の長そで長ズボンという服装はとても理にかなった服装なのです。

夏のゴルフの暑さ対策おすすめは?

ズバリ、夏の暑さ対策はUVカット機能の夏用スポーツインナーを着用することです。

スポーツインナーは一見暑そうにも見えますが汗をかいても発汗性が優れているのでサラッとして快適です。

インナーの上に半そでポロシャツ、または薄手の長そでポロシャツを重ね着します。

もちろん、ポロシャツもコットン素材ではない発汗性の良いものを選んでくださいね。

長ズボンは暑苦しい~という場合はボトムはショートパンツでも良いですが、その場合は夏用のスポーツレギンスがおすすめです。

UVカット機能付きで体感温度-3℃などというありがたいものも販売されています。

夏のゴルフの暑さ対策はウェア以外にも

 日傘

 帽子(サンバイザーは基本的に×)

 日傘

 冷感グッズ

などで暑さ対策をし、同時に熱中症にならないようにお気を付けください。

湿度が高い日は、無理に帽子をかぶる必要はありません。熱がこもって熱中症や片頭痛を引き起こす要因ともなります。

スポンサーリンク

ですので、湿度が高いときは上のような麦わらタイプのハット(ストローハット)、サンバイザーでも良いですがこの場合は日傘もセットで使用するのがおすすめです。

夏のゴルフの日焼け対策は?

暑さ対策=日焼け対策ともなりますが、やはり女性はそれだけでは心配ですよね。

髪、顔、首、手の甲・・・気にしだしたらゴルフに集中できません(汗)

ですのでしっかりと対策したいところですが、極力肌を露出しないこと、日傘を活用、日焼け止めをしっかり塗ることです。

お化粧をしていると、日焼け止めを塗りなおすのはなかなか難しいですが日焼けするよりは良い!ということでお化粧の上からお構いなしに日焼け止めを重ね塗りする人も居ます。

しかし、下地やファンデーションにUVカット効果のあるものを使用することで日焼け止め、下地、ファンデーションと、トリプルで日焼け止めの重ね塗りとなるので休憩所やお昼休憩でファンデーションを塗り直すだけでも十分日焼け止め効果は維持できます。

また、ラウンド後のお肌の日焼けケアが重要です。ラウンド後のお風呂で全部きれいさっぱりにして帰りたいところですが、女性はそうもいかずメイクしなければいけませんので

帰宅したらすぐにクレンジング、洗顔して保湿パックをしましょう!

ラウンドによる日焼けのダメージを肌に残さないことが大切です。そのためには保湿が大切です。

日焼け止めは、手を汚すことなくラウンド中もササッと塗ることができるゴルファー用の日焼け止めなども販売されているのでそういったものを活用するのも良いですね。

>>>ゴルファー専用 日焼け止め

さいごに

ゴルフの足の日焼け画像

夏のゴルフでの脚の日焼け、ショートパンツでプレーしたらこんなことになってしまいました(涙)事情がありプレー時間ぎりぎりで到着し実は日焼け止めを塗らずにラウンドしたのです。

当日は曇りでしたが、ダメですね!曇りだろうが陽が出ていようが関係ありません。しっかりと日焼け止めを塗らなければ。

もしくは先ほどご紹介したようなゴルフレギンスを履かないと。

アームカバーさえも持参するのを忘れたのですがアームカバーだけは時間がない中ぎりぎりプロショップで購入できたので日焼け跡はほとんどつかなかったです。

脚は一日経過して赤みは引けましたがくっきり&こんがりしています。足首のくっきり腺もお分かりかと思います(笑)

半ば投げやり状態で、体には日焼け止めも塗らずに歩きでラウンドしましたが、(スルーでのラウンドでスイスイでした)こんな時、スプレータイプの日焼け止めは必須だな~と実感したのでした。

スプレータイプなら片手で、しかも歩きながらでも日焼け止め対策ができますからね~時間に余裕を持っていれば大丈夫かと思いますがお気を付けください。

手の甲の日焼けはやはり両手グローブが最強ですね!

顔は、アルガンオイルに下地、日焼け止めリキッドファンデーション、パウダーファンデーションと いつも通りの対策と日傘で対応したので何の問題もなかったです♪

首も、顔のケアの際に基礎化粧品、日焼け止めを一緒に塗れば大丈夫ですよ!(リキッドファンデ、パウダーファンデ以外)

⇒ アルガンオイルの記事はこちら

⇒日焼け止めについてはこちらもどうぞ

髪の毛の日焼けについてはこちらの記事も参考にどうぞ!

⇒ 髪の日焼け対策とケア



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする