日焼けで髪がパサパサ!髪の日焼け対策とケアは何が良い?

お肌の日焼けばかり気にしてて気付いたら髪の毛が酷いことに・・・

髪の毛への紫外線のダメージも相当なものです。今回は髪の日焼けの影響と、紫外線対策、おすすめケア方法をご紹介します。

スポンサーリンク

日焼けで髪がパサパサ!ダメージがすごい・・・

子供との公園遊びにお祭り、キャンプや海水浴と、子供が小学生くらいまでは家に籠っているわけにはいきませんよね。

そんな中、お肌の日焼け対策には気を遣っていても髪の日焼けには頭が回らない・・・

なんてことはないですか?

実は髪の毛や頭皮は、お肌以上に日焼けを気にしていないと気付いた時には髪がパサパサごわごわで取り返しのつかないことになってしまいます。

紫外線にさらされ日焼けした髪はキューティクルが壊され水分がなくなりパサパサに。

水分が無くなってパサパサの髪は切れ毛、枝毛に繋がってしまい、そうなってしまうともと通りの健康な髪に戻すにはかなりの時間が必要となってしまいます。

日焼けの影響は髪の脱色などもありますし、日焼けした頭皮は健康な髪を作り出すヘアサイクルにも影響してきます。

夏や夏の終わりころからの大量の抜け毛に悩まされることもあります。抜け毛もまた、紫外線の影響によるものが大きいのです。

(夏の抜け毛についてはこちらの記事を参考にしてみてください。⇒ 夏の抜け毛の原因と対策

後々、後悔しないように髪の日焼け対策と日焼け後のケアをしっかり行いましょう。

髪の日焼け対策はどうしたらいい?

 UVカット帽子

 日傘

 UVカットスプレー

 髪の保湿

 毎日のケア

 外出前のオイル

やはりUVカットの帽子を被るのが一番です。
ヘアスタイルが乱れるから帽子を避けたい場合は日傘とUVカットスプレーで紫外線対策しましょう。

日ごろのヘアケア自体も日焼け対策になります。

日ごろからしっかりとヘアケアすることで紫外線、日焼けによるダメージを最小限にすることができますよ。

シャンプー、リンスなどヘアケア用品って値段がピンキリで販売されていますよね。

毎日のことなので、そうそうお金は掛けられないな~なんて思ってしまいますが、美容師さんに聞くと、高いシャンプーはそれだけの価値があると言います。

髪の日焼けが気になる時期は良いシャンプーを使うことで日焼けのダメージから髪を守ることにつながることもあります。

手軽でおすすめなのが外出前のオイルです。

アルガンオイルなど酸化に強く、UV効果が期待できるナチュラルオイルがおすすめです。髪全体をコーティングするようになじませた後、今度は毛先だけもう一度オイルでコーティングします。こうすることで髪の水分を保つ効果もありますよ。

アルガンオイルも、お値段ピンキリですが髪には大容量のものが使いやすいです。アルガンオイルは100%のピュアオイルでオーガニック認定されているものでも

大容量なのにお買い得価格なのもあります。こういったものが髪や頭皮マッサージに最適です。

スポンサーリンク

髪の乳液や化粧水など髪専用保湿剤なども販売されていますのでオイルが苦手な方は髪専用保湿剤を一度試してみるのも良いですよ。

ケラスターゼ、ミルボン、ハホニコなど美容室専売品の格安サイトならいろいろと見つけられます。髪用のUVスプレーも購入できます。

>>> 美容室・サロン専売品格安サイト <<<

⇒ キラナビ

⇒ ナカノザダイレクト

日焼けした髪のケアは何が良い?

日焼けした髪は水分が失われた状態ですからトリートメントケアが一番有効です。美容院で髪の状態を見てもらいながらのトリートメントパックが一番良いですが美容院でいろいろと勧められるままのメニューですと結構なお値段になりますね。

美容院で使用されているトリートメント剤は通販で購入出来るものもあるので自宅ケアも可能ですから、サロン仕様のトリートメント剤を購入して自宅で定期的にケアするのがおすすめですよ。

トリートメント剤やオイルなどを揃えるとそれなりのお値段にはなりますが、自宅で何十回とケアできることを考えると経済的です。

先ほどご紹介したサロン専売品の通販サイトなどでお得に購入するのが良いです。

その他ラサーナの海藻ヘアエッセンスなどおすすめです。こちらは洗い流さないタイプのトリートメントですが口コミでもかなり評判ですよ。

また頭皮の日焼けにも要注意!頭皮が日に焼けた場合は冷水シャワーがおすすめです。

冷水シャワーは頭皮のクールダウンに効果的です。日焼けで頭皮が乾燥するとかゆみが出ることもありますが爪を立てたりして掻いたりしないように気をつけましょう。

さいごに

髪の毛の日焼け対策忘れてあとから大後悔・・・なんてことにならないようにしっかり髪の日焼け対策&ケアを!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする