夏に太る原因は何?効果的な夏のダイエットと注意点は?

体重計

夏は汗をかくし、それほど食べているわけでもないのになぜか太る傾向にありませんか?その原因と効果的な夏のダイエットや注意点をご紹介します。

毎日のあれと睡眠の方法についても頭に入れておきましょう!

スポンサーリンク

夏に太る原因とは?

「夏太り」という言葉は聞いたことがあるかと思いますが、ちょっと外へ出ただけでもすぐに汗が噴き出してくるこの季節、汗をたくさんかいていれば痩せそうな気がします。

しかしなぜ、夏は痩せにくい季節なうえに太りやすい時期なのでしょう?

夏に太りやすい原因はいくつかありますが、最大の原因は「基礎代謝」にあります。

基礎代謝とは何もしなくても消費されるエネルギーのことです。

1日の消費カロリー(エネルギー)のおよそ7割が基礎代謝ですから基礎代謝量が多ければ多いほど痩せやすい体と言えます。その基礎代謝、実は夏になると低下してしまうのです。

例えば、体温。

体温を維持するためにもエネルギーが必要ですが、夏は暑いですから体温維持のためのエネルギーを冬のようには必要としません。

基礎代謝が低下すると、何もしなくても消費されるエネルギーが下がるので冬と全く同じ食事(カロリー)摂取だとしても、夏の方が太るということです。

さらに、夏は暑さで外出や運動が億劫になり

エアコンが効いた室内で過ごすことも多くなり

食欲がなく、食べやすいものばかり食べてしまったり

冷たい食べ物、飲み物ばかりになってしまったり

湯船に浸かることなくシャワーだけ、

なんてことになってしまいます。

こういった夏の生活リズムや生活習慣が基礎代謝をどんどん下げてしまう原因となり結果的に夏は痩せにくく太りやすい体になってしまうのですね。

夏の効果的なダイエット方法は?

夏は太りやすい季節ですが、一番ダイエットしたい季節でもありますね。夏に効果的にダイエットするにはどうしたら良いの?と思いますが、

自己流の食事制限では栄養が偏ってしまうし栄養を考えてご飯作るのもなかなか大変です。

やはり一番確実なのは運動をすること。

夏は朝早くのウォーキングが効果的です。

▶早朝ウォーキング

運動することでも新陳代謝がアップします。

暑すぎて運動する気になんかなれない・・・そんな夏ですが、早朝ウォーキングがおすすめです。気温が上がる前の早朝なら快適です。

朝の5時くらいから一時間ほど腕をしっかり振りながら早足でウォーキングします。

夏の早朝は明るくなるのが早く、また気持ちが良いです。明るくても朝早いのでそんなに人もいないので歩きやすいのも良いですよ。

スポンサーリンク

朝、運動することで代謝アップにつながり朝食もしっかりと摂れ、便秘解消効果にもつながります。ウォーキングは健康的にダイエットできる手軽な運動です。

特別な食事制限をしていなくても一年で5キロ~10キロのダイエットも可能です。

ヒップアップやポッコリお腹にも効果が期待できるのも良いです。週に2日、一日置きくらいから始めてみましょう。水分補給のためのドリンクを忘れずに。

朝は起きられないし運動は・・・という場合はダイエット食品やダイエットドリンクを活用するのもひとつです。

▶ダイエット食品やドリンク

ほとんどのダイエット食品やドリンクは
必要な栄養を考えられて作られているので

例えば置き換えダイエットをしても
カロリーを抑えながら必要な栄養を摂ることができます。

水に溶かすだけで作れておいしいスムージーなどが手軽です。

⇒ モデルプロデューススムージー

酵素ドリンクなら夏のプチ断食にもピッタリです。余計な甘みなど添加物が入っていないものが良いですよ。余計なものは一切入っていないのに美味しく、私は毎朝炭酸水で割って愛飲しています。

疲れにくくなったり肌の調子も良くなったり良いことだらけです。

⇒ 断食道場の酵素ドリンク

夏のダイエットの注意点とは?

夏はただでさえ太りやすいのだからご飯はあまり食べない!という考えは要注意です!

実はバランスのよい食事は基礎代謝UPにつながります。

食事制限で偏った食生活を送っていると代謝に必要な十分な栄養素が得られず基礎代謝の低下につながってしまうほか、過度な食事制限は筋肉量にも影響し、筋肉量が減ると基礎代謝も低下します。

なので、基礎代謝が低下する夏のダイエット中は特に意識してバランスの良い食事を心がけましょう!

その他、体を冷やさないことを意識して温かい飲み物や体をあたためる食べ物などを積極的に摂りましょう。そしてシャワーばかりではなく入浴も!

スポンサーリンク

さいごに

そうそう、毎日のあれ!睡眠です。

実は寝不足もダイエットには大敵なのです。寝ている間に分泌される成長ホルモンには脂肪分解作用があるからです。

また、睡眠時間が短いとしっかり寝ている人に比べてレプチンという食欲抑制効果のあるホルモン分泌も少ないとも言われています。

夏太り回避のためには睡眠も大事ですよ~



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする