夏にも子供に肌着を着せる?夏寝るときの服装と腹巻の必要性

夏の子供の服装は迷いますね!

おばあちゃんなど、周りから自分が思っているのと違うアドバイスがあると尚更困ってしまいます。今回は夏の子供の服装、肌着や寝るときの腹巻についてです。

スポンサーリンク

夏にも子供に肌着を着せる?着せない?

肌着は汗を吸ってくれるから夏も肌着を着せた方が良いよ!なんて、お母さん(おばあちゃん)から言われた経験を持つママは多いかと思います。

幼稚園や保育園でも下着を着せる方針のところがありますが、子供は基本、大人より一枚少ないくらいで十分、子供は暑がりという事が言われています。

ですから、普段は肌着は不要です。

特に夏の公園など外遊びでは、肌着を着ている子はほとんど見かけません。

汗をかいたら小まめに着替えさせる方が、子供も気持ち良いです。

もし、室内でエアコンでの冷えが気になるような場合は着替えのほか、シャツなど織物を持ち歩き場所にあわせて調節できるよう、着せられるように対応しましょう。

夏用の薄手のベストも便利です。着せるのも簡単で、温度差対策におすすめです。

子供の夏寝るときの服装は何が良い?

夏の寝るときの服装もやはり、肌着は着せずに夏用綿パジャマや綿Tシャツにズボンが良いです。薄手のTシャツをパジャマ代わりに何枚か用意しておくと着替用に重宝します。

スポンサーリンク

お腹がめくれるのが気になる場合はTシャツは丈が長めのものや少し大きめの物をインすると良いです。

子供は夏寝るときに腹巻させた方が良いの?

小さいころから腹巻を習慣付けてしまうと、それが習慣となり、腹巻なしでは居られない
弱いお腹となってしまう可能性があります。

実際に、小さなころから腹巻が習慣となっているため、腹巻がないとすぐにお腹を壊してしまう、という方は多いです。もちろん、小さなころからの腹巻の習慣で必ずそうなるという事ではありませんが、小児科でも腹巻は必要はないと言われます。

子供は寝汗をたくさんかくため、夏寝るときに腹巻きをしているとおなかも冷えてしまい寝冷えの原因ともなります。

スポンサーリンク

さいごに

我が家では2歳の息子は夏はパジャマ用に購入した綿Tシャツと短パンで寝ています。

↑こういったTシャツが何枚もあると良いですよ!薄手ですぐ乾くのもポイントです。安いのも♪ベッドが汗でじっとりと湿ってしまうほど汗をかくので、1日に何枚も使用することもあります。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする