赤ちゃん寝る寝室に暖房は必要?寒さ対策6個と冷たい手について

赤ちゃん

冬産まれの赤ちゃんのためにと、寝るときの寒さ対策をあれやこれやと考えるものですが、赤ちゃんのために寝室の暖房は必要なのか?自分たちは暖房なくては寒くて寝れないけど赤ちゃんはどうなのかな・・・?そんな疑問について

寝ている時の寒さ対策や赤ちゃん手の冷たさについてご紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんのために寝室の暖房は必要?

息が白くなるほど寝室が寒いと、ここで赤ちゃんを寝かせるのはどうなのかしら?と考えてしまいます。

夜間授乳が頻繁だと特に、その都度ヒーターつけるならいっそエアコンつけっぱなしの方が良いかな?と思ったりもしてしまいますが

エアコンやヒーターなど暖房をつけっぱなしよりも着るものや布団など寝具で寒さ対策をするのが良いです。

暖房をつけっぱなしだと湿度が下がり風邪をひきやすくなったり、湿度が下がるとどんどんと部屋が乾燥してしまうのでそれが赤ちゃんの肌荒れの原因ともなります。乳児湿疹の症状が酷くなる原因にもなってしまうことがあります。(うちの子が生後2、3か月くらいの時に、乾燥が原因で乳児湿疹が酷くなってしまった期間がありました。)

また、赤ちゃんは温度調節ができないので暖房をつけっぱなしで寝ることで汗をかき、その汗で逆に冷えてしまうこともありますし、布団を蹴るようになれば寝冷えしてしまいます。

赤ちゃんが睡眠中の寝室の暖房は特に必要ではないといわれています。寝ている時の寒さ対策を次にご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

赤ちゃんが寝ているときの寒さ対策6個

赤ちゃんが寝る前の寒さ対策も、赤ちゃんが寒い寝室で気持ちよく寝るための対策となるので合わせてご紹介します。

 寝る前まで寝室をあたためておく

寝る前、または寝かしつけのタイミングまでエアコンやヒーターで部屋をあたためておくのは良いです。

 布団をあたためておく

布団をあたためておくとすごく気持ちよいです。

せっかく抱っこで寝かしつけたと思ったら布団に置いたとたんに泣き出した・・・なんて時は布団が冷えているのが原因だったりします。

赤ちゃんを寝せる前に、500mlのペットボトル数本に、7、80度くらいのお湯を入れフェイスタオルにくるみ所々(ベッドの足元の下の方や両サイドなどで)に置いておきます。

するとほんわか暖かくなりおすすめです。

授乳タイムで布団から出て冷えた際はお湯を入れ直して赤ちゃんが触れない場所に置くと良いです。

80度のお湯はかなり熱いので、ペットボトルに入れる際に十分ご注意ください。また、ペットボトルにお湯を入れると、ペットボトルによっては変形する場合があります。しっかりした作りのペットボトルをご使用ください。

 湯たんぽを使用する

↓こんなにかわいい湯たんぽカバーに入った湯たんぽのセットもあります。

こちらは60度くらいまでのお湯が適温、となっています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スポンサーリンク

湯たんぽ FASHY ファシー オリジナルベアー・パレット 0.8L
(2018/1/9時点)

 敷きパッドを暖かいものにする

掛物で寒さ対策をしようとすると重くなりがちなので、赤ちゃんには敷物を暖か素材にするのがおすすめです。敷物ひとつで暖かさは全然変わってきます。

綿100%のパイル生地なら肌触りが良く吸湿性も良いので赤ちゃんにも安心です。

【最大10%OFFクーポン】【西川・ベビー布団敷きパッド・ミッフィー】ふんわり暖か♪秋冬にぴったり!敷きパッド 西川リビング 敷きパッド ベビーふとん用綿敷きパッド(miffy・ミッフィー・キルトパッド)敷きパッド・敷パッドベビー

ベビー布団敷きパッド・ふんわり暖か♪
価格:2,138円(税込、送料別)

ベビー用品店にもいろいろとありますよ。

 一緒に寝る(添い寝する)

一緒に寝るのがやはり一番!赤ちゃんにとってはお母さんの体温がいちばんなのは言うまでもないですね。

けれど月齢が小さいと不安が一杯・・・という方は多いですが(子供が新生児のころ、押しつぶしたらどうしよう?なんて思ってたわたしです。)一方で出産後退院してからずっと一緒の布団で寝ている方も多いです。

一緒の布団で寝る場合は親の寝相もそうですが、赤ちゃんが埋もれてしまわないか、掛け布団は重くないかなどにもお気を付けください。

 スリーパーを着せる

真冬は厚手のスリーパーを用意しておくと便利です。特に足で布団を蹴ってしまう赤ちゃんにはおすすめです。

スリーパーは肌かけの役割をしてくれるので熱くなりすぎないように気を付けてください。また、スリーパーによっては使用月齢の注意書きがあります。

赤ちゃんが寝ている時に手が冷たいのは大丈夫?

冬の赤ちゃんは、かわいそうになるくらい手が冷たくなります。

なんでこんなに手が冷たいの!?と、
寝ている赤ちゃんの手が信じられないくらい冷たくて、びっくりしたかもしれません。

赤ちゃんは両手を上にあげて万歳してねんねするので、どうしても布団から両手が出てしまい冷えてしまいます。

どうしたら温めてあげられるかな?
ミトンをさせて上げた方が良いかな?

などなどいろいろと手の冷え対策を考えるのが親心ですが・・・

実は、赤ちゃんの手も足も冷たいのが普通なのです。

なぜなら、赤ちゃんはまだ汗腺が発達しておらず未熟なので手足から熱を放出して体温調節をしてます。

ですので、冷え対策などは必要ないのです。赤ちゃんの様子がいつも通りなら、赤ちゃんの手が冷たくてもそのままで大丈夫です。

スポンサーリンク

さいごに

赤ちゃんは手足が冷たいもの、と書きましたが、本当に寒くないかな?大丈夫かな?と、心配な時は

唇が紫になっていないか?
背中やお腹が冷えていないかをチェックすると良いですよ。

また、暖房をつけない代わりに・・・と、寒さ対策をしすぎて暖かすぎても良くないことがいろいろとあります。

夜間授乳の際など、汗をかいてないかなどチェックしてあげてください。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする