汗の臭いの理由とワキガの違いは何?服の対策は何が効果的?

汗の臭いが気になる!

汗の臭いが気になるあまりにまたさらに変な汗をかき・・・さらにさらに汗の臭いが気になる。。。そんな経験ありませんか?

季節問わず気になる汗ですが、やっぱりこれからの季節は特に神経使います。汗の臭いの理由や汗臭い服の臭い対策、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

汗が臭う!何で?臭いの理由は何?

汗は通常、エクリン腺という汗腺から出るのですが、エクリン腺から出てくる汗は普通は臭いません。汗はもともとは無臭なのです。

かき始めの汗は臭わないのに汗が臭いのはなぜ?そう思いますが、実は臭いの理由は雑菌にあります。汗をかくと、時間の経過とともに汗が皮脂や垢と混ざり合い雑菌が繁殖します。

すると、体臭として自分でも臭いを感じるくらいに汗臭くなってしまいます。

汗の臭いとワキガの違いは何?

汗の臭いもワキガの臭いも原因は同じで「汗」です。

先ほど、汗は通常はエクリン腺から出る、ということを書きましたが、エクリン腺から出る汗の成分の99%が水分で、残りの1%が塩分、乳酸です。

しかし、ワキの汗は違うのです。ワキには「アポクリン汗腺」という汗腺が集中していて、脂質やタンパク質、糖質、アンモニアなどを多く含む乳白色の汗を出します。

アポクリン汗腺は臭いの物質を作ること自体を役割として持ち通常の汗の成分とは違う脂質やタンパク質、糖質、アンモニアなどを皮膚の常在菌やわき毛にいる雑菌が分解する過程でワキガ特有の臭いを発生させます。

このように、汗の臭いとワキガには汗腺や汗の成分などに違いがあります。

服が汗臭いときの臭い対策は何をすればいい?

▶ 汗をかいたら小まめに拭く

汗は時間が経過するとだんだんと臭ってきますから、汗をかいたら小まめに拭きとれば臭いの元がなくなりますね。汗の拭き方にもポイントがあります。

そのポイントは固く絞ったぬれタオルで拭くこと。

乾いたタオルで汗をすべて拭き取ってしまうと肌は乾いた肌を潤おそうとします。

肌が適度に湿っていることで、必要以上に汗が出るのを抑えることができるので汗は濡れタオルで拭くのが良いのです。

スポンサーリンク

▶ 臭いを衣類に残さない

毎日の洗濯では除菌効果のある洗剤や漂白剤を使用し臭いの元となる皮脂やタンパク質汚れをしっかり落としましょう。また、服のわきの下部分に、黄ばみがありませんか?ワキガの場合は特に、わきの下が黄ばむ傾向があります。

洗濯してもこの黄ばみは取れないことが多いですが黄ばみが残っているという場合は、臭いの元になる皮脂やタンパク質が色素成分に混じって着色しています。

ですので40度くらいのお湯に漂白剤を入れつけ置き洗いして黄ばみをしっかり取り除きましょう。

ワキガの場合は、服の臭いを完全に取り除く+、出かける前のワキガクリームが効果的です。

私が愛用しているワキガクリームはおすすめです。割と安価で薄く少量塗るだけで効果が抜群です!

>>>ライフケアデオドラントクリーム

▶ 汗をかいても汗臭さに変化させない!

汗の臭いの理由は時間とともに繁殖する雑菌、ということは書きましたが、汗をかいても汗臭さに変化させなければ臭いません。

汗を小まめに拭いたり、毎日の洗濯で衣類に臭いの元を残さない、等、対策はいろいろとありますが、この方法が一番簡単で確実かもしれません。

汗の臭いもワキガの臭いも発生させないスプレー、テレビや雑誌でも紹介されていてます。

>>> ヌーラ

▶ 洗濯後の生乾きや湿気にも注意!

洋服の生乾きや湿気はさらに服の臭いを悪化させます。しっかりと乾かしてからしまいましょう。こちらの記事も参考にしてみてください。

→ 梅雨の洗濯物を効率よく乾かす方法と臭い対策そして裏ワザとは?

スポンサーリンク

さいごに

汗は本来無臭!なので、とにかく雑菌をどう対策するか!です。

そして、ほとんどの汗の臭いはちゃんとケアして対策していれば汗の臭いが気になってさらに嫌な汗をかく、なんて悪循環に陥ることも無くなりますね!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする