日傘は白と黒で効果が違う?レースの日傘は?有効期限って?

日傘

日傘をさしていれば安心♪と思っていませんか?

もしかしたら、日傘事情をもっと知っていた方が良いかもしれません。

日傘の有効期限や素材、色による効果の違いなどご紹介しますね。

スポンサーリンク

日傘は白と黒で効果が違う?!

黒いTシャツではそれほどでもないのに、白いTシャツを着て一定時間紫外線を浴びると、下着の線がくっきりとわかる位に日焼けした!

こんな経験はありませんか?

これは、黒に比べて白の方が紫外線を通しやすいからです。

ですので、日傘は白と黒では、紫外線を遮断する効果が高い黒の方が効果ががあります。

しかし、黒は熱を吸収しやすいため、白い日傘にくらべ傘の内側が暑くなりやすいです。

レースの日傘はかわいいけれど効果はどう?

通勤や子供のお迎えなどで、毎日日傘を使うことを考えると、デザインも重要ですよね!レースの日傘は黒でも涼しげで、上品な印象です。しかし、気になるのはやっぱり紫外線ですね。

レースで穴が開いている分、やはり通常の生地に比べると紫外線カット効果は劣ってしまいます。

ただ、日傘の目的は紫外線を遮断するだけではなく、炎天下での頭を保護する目的や、日差し(暑さ)を遮る目的などもあります。

ですから、通気性があるレース生地は傘の内側にも熱がこもることなく、おしゃれに快適に使用できる日傘と言えます。

日傘の効果には有効期限があるって本当?

お気に入りの日傘だから、と、毎年同じ日傘を使用していませんか?

スポンサーリンク

実は日傘のUV効果には有効期限があります。

日傘の生地の加工方法によっても効果の期間はそれぞれですが、一般的に綿や麻素材の日傘で、紫外線吸収剤などの薬剤を塗っているだけの日傘は、その薬剤の有効期限が3年程度といわれています。

UV効果の有効期限は加工された日傘の「加工の有効期限」が3年程度、ということです。

ですから、綿や麻素材の日傘でも二重張りや厚地の日傘や、生地自体が紫外線を遮断する効果がある日傘はその限りではありません。

ゴルフの日傘として使用されるものなどは、100%遮光生地の日傘で、化学繊維で生地も厚くしっかりしていてとても丈夫です。

この日傘は傘自体が破れたり壊れたりしない限りほぼ永久的にUV効果があります。紫外線は絶対カットしたい!という場合はこういった日傘を選ぶのが良いですね。

一昔前は、こういったタイプはあまりおしゃれな日傘がなかったですが、最近では、おしゃれなデザインも販売されています。

折りたたみタイプで、軽量の完全遮光の日傘もありますよ!

スポンサーリンク

さいごに

価格もお手頃なものから高級品まで、そしてデザインもいろいろとありますね!

日傘の機能も大事ですが、素敵な日傘を持つと気分が上がりますね♪



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする